見舞状(交通事故_客先担当)文例と書き方

見舞状(交通事故_客先担当)文例

見舞状(交通事故_客先担当)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略/急啓/冠省、
(本日/過日/ただ今/今朝ほど)、貴社にお伺いしましたところ、ΟΟ様が交通事故(に遭われて/で)入院されたとお聞きし、たいへん驚いております。
(大事には至らず/手術は成功したとのこと/ΟΟの怪我だけだったとのこで)、(ひとまずは/とりあえずは/一)安心いたしましたが、その後、お加減はいかがでしょうか。
(お話に/ΟΟ様に)よると(相手の不注意による/大きな/たいへんな)事故だったとのことで、ΟΟ様の心中を推し量ることもできませんが、(今/この上/この際)は、完治に向けて(養生専一/ご療養)に努められ、一日も早く(ご回復/ご復帰)されますことを(心より/衷心より)お祈りするばかりです。
本来は、お見舞にお伺いすべきところですが、(養生が何より大切と存じ/病室をお騒がせしてはいけないと思い)、別便にて(心ばかりの/ささやかな)お見舞いの品をお送りいたしました。遠慮なくお納めください。
取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

  株式会社 ОΟОΟ
  営業部長 ОΟОΟ


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について