見舞状(病気_知人家族宛)文例と書き方

見舞状(病気_知人家族宛)文例

見舞状(病気_知人家族宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君)が、(ご病気/お怪我をされた)そうですが、今の(お加減/ご容態/お具合)はいかがですか。
(ΟΟさんの話によりますと/ΟΟ様にお伺いしたのですが)、(快方へ向かわれている/まだ、ΟΟのまま/ご容態が芳しくない/全快までにはお時間がかかる)とのことで、 (何よりに存じます/少し安心いたしました/私どもも心配しております/ご家族の皆様もさぞやご不安な思いをされておられるのではと案じております)。
日頃、(お元気にされていた/高齢とはいえ若々しい/持病はあったとはいえお元気だった)(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君)の(ご不自由さ/お辛さ/お気を落とし)は(もとより/お察しするに余りありますが)、 (奥様/ご家族の皆さん)の(ご苦労/ご心労)も並大抵ではないことでしょうから、無理はなされず(介護/看護/看病)にあたられてください。
特に昨今では、(暑/寒さも厳しく/季節の変わり目で体調を崩しやすく)なりましたので、くれくれも(ご自愛/体調に気を付け)てください。
本来ならお伺いし、お見舞いしたいととろではありまが、何分(遠方でもあり/仕事の都合もあり/そうもいきませんず)、誠に不躾ながら、書中でお見舞いを申し上げます。
(私共皆でも/僕も/私も)(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君)が早く(ご回復/お元気)になりますよう、(遠方から/陰ながら)ではありますが、お祈り申しあげております。
または
本来は、お見舞いにお伺いすべきところですが、(お騒がせ/療養のお邪魔)をしてはと思い書中をもちましてお見舞いを申し上げまです。また、別便でお見舞い(の品)をお送りしましたので、お受け取りください。
(私達皆で/私共皆で/僕も/私も)(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君)が早く(ご回復/お元気)になりますよう陰ながらではありますが、お祈り申し上げております。

女性なら(かしこ)/早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について