見舞状(病気見舞_知人)文例と書き方

見舞状(病気見舞_知人)文例

見舞状(病気見舞_知人)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(本日/昨日/ΟΟの折)、ΟΟさんから(君/あなた/ΟΟさん)が入院されたと知らされて、たいへん驚きました。
聞くとところによると(手術は成功して経過も順調/大事には至らなかった/今は回復に向かっている)とのことで、(ひとまずは/とりあえずは/一)安心しました。
(君/あなた/ΟΟさん)は、いつも忙しそうだったから、日頃の疲れが出たのではないでしょうか。 (この際は/これをいい機会として)、(十分な休養をとり/ゆっくり静養して)、一日も早く(全快/回復)できるようにお祈りします。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へも行こうとは思っていますが、まずは(お手紙/書中)でお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号


 
 

見舞状文例と書き方

各種見舞状の文例と書き方一覧と見舞状関連コンテンツです。
見舞状

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map