地震見舞(友人)_お礼状文例と書き方

地震見舞(友人)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
地震見舞(友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(○○君/○○さん)、(温かい/励ましの)(お見舞状/手紙/メッセージ)本当にありがとう(ございました)。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略
(○○君/○○さん)、今回の地震では(温かい/励ましの)(手紙/メッセージ)ばかりか、(お見舞い/援助品/○○○)まで(送ってくれて/いただき)、本当に(ありがとうう/感謝いしてます)。
(○○君/○○さん/君)も(知ってるとおり/テレビで見たとは思うけど)、ここら辺は今度の地震で(ものすごい揺れでした/凄い揺があって、我が家でも立っていられないくらいだったよ)。
(被害が無かった場合)
(幸い/何とか/間一髪)(我が家は皆無事だった/我が家は棚の物が落ちただけですんだ)よ(、だけど/。とは言っても)、最初の揺れから電気やガスが止まって、余震も続いてたから、○日間は避難所に(いたよ/いました)。
(被害があった場合)
我が家は、(棚の物が落ちてガラス窓が大半割れたよ/幸い怪我をした者いなかったけど、家の中はガラスが割れ、テレビや棚も倒れてぐちゃぐちゃになったよ/被害の状況を書く)。今(やっと/何とか)余震の心配もなくなって家に戻って、(また地震の恐怖が改めて思い出されてるよ/無残なその様子に愕然とさせられたよ/今にも崩れそうな家の様子に、皆が無事であったただけでも良しとしよううと思ってるよ)。
(取りあえず/今更)、(くよくよして/残念がって/口惜しがって)ばかりもしていられないから、(気持ちを切り替え/元気を出し)て、一日も早(い復興を目標に/く元の生活に戻るように)皆で頑張ってるから、もう(心配しなくてもいいよ/心配ないからね/安心してくれ)。
こんなな状況だから、(報告/連絡)とお見舞いのお礼が遅くなって(申し訳なかった/すまなかった)。勘弁してくれな。
こっちが落ち着いたらまた連絡するよ。
または
こっちが落ち着いたら、改めて連絡するけど、(取りあえず/まずは)近況の報告とお見舞いのお礼まで。
それじゃまた。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map