火事見舞(軽微_友人)_お礼状文例と書き方

火事見舞(軽微_友人)_お礼状文例

火事見舞(軽微_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
この度は(私たちの不始末で/我が家の小火騒ぎで)、(○○/君)にもご心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まい面目ない/まって、本当にすみませんでした)。 それに、(お見舞い/お心遣い/励まし)まで(いただき/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。
今回の(火事/こと)は、(何ともお恥ずかしことだけど/言い訳のしようもなく/私には弁解の余地が無く)、(○○の不始末/火の消し忘れ/料理中に少し油断したこと)が原因だった。 (幸いにも/辛うじて/発見が早くて/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にはいたらなかった/直ぐに消し止められました/小火程度ですんだ/○○を焼いただけですんだ)けど、 (多くの人に迷惑をかけ/○○君にもご心配させ/ご近所の皆様を不安にさせ/騒がせし)てしまい(深く反省しています/たいへん申し訳なく思ってます)。
今は、火事の後片付けやご近所さんへのお詫びもすませて、(何とか/やっと)(落ち着きましたので/少しホッとしているところなんで)、○○(君/さん)も(安心/もうご心配しないでください)ね。
(また/それと)、(お見舞いをもらっていながら/こんな状況でもあったから)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなったころ、(許して/勘弁して)くださいね。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について