類焼等見舞(軽微_友人)_お礼状文例と書き方

類焼等見舞(軽微_友人)_お礼状文例

類焼等見舞(軽微_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
この度は(思いもよらぬことで/不届き者のなしたこととはいえ)、(○○/君)にもご心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まい面目ない/まって、本当にすみませんでした)。 それに、(お見舞い/お心遣い/励まし)まで(いただき/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。
今回の火事は、(隣の住宅から火が出て家の一部を焼ました/近くの○○で火災が発生して家の裏山の一部を焼いたんだ/誰がまだ分かってないだが、誰かが家の○○に火を付けたようだ/隣の○○に誰かが火を付け、その火が家の一部も焼いだんだ)。 (幸い/辛うじて/発見が早くて/ご近所の方のお陰で)、(大事にはいたらなくてすんだ/直ぐに消し止められた/小火程度のだった)んですが、 (もう少し火の回りが早かったら家も危なかった/その時は、家まで火が燃え広がるんじゃないかときがきではなかったよ/何で家なのか考えれば考えるだけ、また恐怖と不安が蘇るよ/こんな酷いことするなんて許せないと思ってるよ)。
今は、(何とか/やっと)火事の後片付け(や警察と消防の現場検証)も終り、(ホッとしているところだから/少し気持ちも落ち着いたから/平穏を取り戻しつつあるから)、(○○/君)も(安心してくれ/もうご心配しないでくれ)。
(また/それと)、(お見舞いをもらっておきながら/こんな状況だったから)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなってしまい(申し訳なかったね/許してくれな/勘弁してくれな)。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について