近火見舞(友人)_お礼状文例と書き方

近火見舞(友人)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
近火見舞(友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
今回は、(家/我が家)(近くの火災/近くの小火騒ぎ/の近隣火災)で(○○/君)にもご心配をおかけて(すまなかったね/申し訳なかったね)。 それに、お見舞い状まで(いただき/もらい)、(感謝してます/ありがとう/恐縮してるよ)。
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(僕の家に/我が家)(は被害はなかったよ/までは火は回らないうちに鎮火したん)で、(ホッとしたよ/君も安心してくれな)。
(とはいいましても/でもな)、この(火事/火災)は、(僕の家の/我が家)(すぐ隣の住宅から火が出たから/近くの○○で火災が発生したから/近くの○○に何者かが火を付けたから/直ぐ近くの○○に悪い輩が火を付けたみたいで)、 (もう少し火の回りが早かったら(僕の家/我が家)も無事すまなかった/その時は、火が燃え広がらないかきがきじゃなかったよ/何故そんな酷いことをするかと怒りで一杯だったんだ)。
今じゃもう(我が家/近隣地域/近くの皆様)も(落ち着きを取り戻した/平穏な生活なったから)、(簡単だけど/遅くなったけど)、お見舞いのお礼と報告を(した次第だ/させてもらったよ)。
(最後になったけど/寒くなってきたから/暑い日が続くけど)、(君も/○○さんも)(体/健康)には気を付けなよ。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map