事故等見舞(軽微_親戚)_お礼状文例と書き方

事故等見舞(軽微_親戚)_お礼状文例

事故等見舞(軽微_親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(叔父様/叔母様/○○さん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(我が家の不始末/思いもよらぬこと/当家の○○事故/○○○)で、(叔父様/叔母様/○○さん)に(ご心配/ご心労)をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/心よりお詫びいたします/すみませんでした)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)まで(いただき/もらい)、(感謝いたしております/ありがとうございました/たいへん恐縮いたしております)。
または
前略
この度は、(我が家の不始末/思いもよらぬこと/当家の○○事故/○○○)で、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)を(いただき/もらいまして)、(ありがとうございました/お礼申し上げます)。
今回の(事故/こと)は、(お恥ずかしことですが我が家○○の不始末で、弁解の余地もありません/○○にちょっとした気の緩みがあったのが原因です/当家○○が油断したのが原因でした)。
(幸い/辛うじて/懸命の救助で/○○の的確な対処で)、(大事には至りませんでしたので/怪我人も出ませんで)、(ホッとしています/安堵しております/胸をなでおろしました)。 (しかし/とは言っても/とは申しましても)、(多くの方にご迷惑をおかしてしまい/叔父様にもご心配をおかけし/一時はご近所の方々に避難をしていただき/世間をお騒がせしてしまい)(深く反省しています/お詫び申し上げるます/申し訳なく思っております)。
(今では/何とか/やっと)、(我が家/近隣地域/ご近所の皆様)にも(落ち着が戻りました/平穏な生活となりました)ので、(叔父様/叔母様/○○さん)(におかれましても/にも)(どうか/何とぞ)、(ご安心/ご休心)(ください/いただきたく存じます)。
(簡単ですが/遅くなりましたが)、お見舞いのお礼(と/方々)ご報告(申し上げました/をさし上げました次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟ様)方におかれましてもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について