類焼見舞(甚大_ビジネス)_お礼状文例と書き方

類焼見舞(甚大_ビジネス)_お礼状文例

類焼見舞(甚大_ビジネス)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(○○/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬ隣接○○からの火災による当社○○の焼失/当社の火災/弊社○○事業所の類焼被害)に際しまして、(貴社/ΟΟ様)には(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (多大なお見舞い/お見舞い/お見舞いの品/援助品)まで(頂戴いたし/賜り)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略
この度は(思いもよらぬ隣接○○からの火災による当社○○の焼失/当社の火災/弊社○○事業所の焼失)に際しまして、(貴社/ΟΟ様)には(温かいお見舞状/お心遣い/励ましのお言葉)ばかりか(過分なお見舞い/ご援助/ご支援)を(頂戴/賜り/いただき)、(厚く感謝いたしております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております/ありがたく厚く感謝いたしております)。頂戴した(○○○/お見舞い)は、ありがたく(使わせていただきます/○○に役だたせていただきました)。
今回の(火事/火災/こと)は、当社(隣接の/隣の/○○事業所の真向かいにある)(○○から出火し、○○事業所までも類焼の被害を蒙ってしまいました/○○で火災が発生して○○工場が半焼する甚大な被害となってしまいました/○○に何者かが火を付け、その火が当社事業所まで焼失させてしまいました)。
(辛うじて/何とか)、(従業員/当社社員も含めてご近所の方)に(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いでした。
(とは申しましても/しかしながら)、(建物の被害は甚大でどうしたものかと思案するばかりで/未だ通常業務ができる状況でもなく)(貴社/皆様/お客様)にもご(迷惑/不便/不安な思い)をおかけしておりますこと、(心より/衷心より/伏して)お詫び申し上げます。
(今後のことは/操業開始時期/業務再開については)、まだ(定かではありません/流動的です/どうなるかわかりません)が、社員(一丸となって/一同)この(苦境/災難)に(打ち勝つ/跳ね返す)(覚悟をいたしております/所存であります)ので、何とぞ、今後とも(倍旧/変わらぬ)の(ご支援/ご愛顧/ご協力)を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
または
今は、(火事の後片付けや警察と消防の現場検証/仮事業所の手配/業務再開の段取り)も(終り/整い)、(何とか/やっと)(落ち着きを取り戻しましたので/通常の業務ができるようになりましたので)、(どうぞ/何とぞ)、(貴社/貴社の皆様)におかれても(ご安心/ご休心)ください。
なお、ご不便をおかけしましたが○○より(通常/従前とおりとはいきませんが)(業務/営業/操業)が開始できる運びとなりましたので、今後とも(倍旧の/変わらぬ)(ご愛顧/ご厚誼/ご支援)を賜りますよう宜しくお願いいたします。
甚だ略儀ではございますが、書中をもちましてお礼かたがたご報告申し上げ(ます/た次第です)。

敬具/早々

平成 年 月 日

株式会社 ΟООΟ
  (役職) ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map