類焼見舞(甚大_知人)_お礼状文例と書き方

類焼見舞(甚大_知人)_お礼状文例

類焼見舞(甚大_知人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(○○/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(思いもよらぬ火災に/我が家の火事/我が家の類焼被害)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (多大なお見舞い/お見舞い/お見舞いの品/援助品)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略
この度は、(思いもよらぬ火災に/我が家の火事/我が家の類焼被害)に際し、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/お心遣い/励ましのお言葉)ばかりか(多大なご厚志/お見舞い/ご援助/ご支援)までも(賜り/いただき)、(厚く感謝いたしております/恐縮いたしております/ありがたく厚く感謝いたしております)。(頂戴した/いただいた/お送りいただいた)(○○○/お見舞い)は、ありがたく(使わせていただきます/○○に役だたせていただきました)。
今回の(火事/火災/こと)は、(我が家/当家)の(お隣/真向にある/裏)(○○から出火し、家までも類焼の被害を被ってしまいました/○○で火災が発生して我が家も半焼する被害となってしまいました/○○に何者かが火を付け、その火が我が家まで焼失させてしまいました)。 (辛うじて/何とか)、(我が家の者に/この火災での)(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いでした。
(とは申しましても/しかしながら)、(我が家はほぼ焼失してしまい/家の中は水びたしで多くの物が使えなくなってしまい/家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となってしまい)、(焼け残った所を応急処置で改造して住んでる状況です/今は、○○に仮住まいしております/少し離れたところにアパートを借りて住んでおります)。
(経験したこののないことだけに、今後どのようになうかもよく分かれず、不安で一杯です/家族の中には、未だに火災の恐怖から抜けきれていない者もおります/我が家に非がないことでこのような災難を被り憤るばかりです)が、(今更どうにもならないことなおで/そのことばかり考えていてもしょうがないことなので)、(今は/最近では)家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かす/跳ね返す/乗り越える)んだと強い気持ちを持つように(しましたので/なりまいたので)、○○(様/さん)におかれましても(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終り/仮住まいの手配も整い/今後の補償のこともおおかた決まり)、(何とか/やっと)(少し落ち着きを取り戻しますので/普段の生活に戻りつつありますので)、(どうぞ/何とぞ)、○○(様/さん)におかれましても(ご安心/ご休心)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について