類焼見舞(甚大_友人)_お礼状文例と書き方

類焼見舞(甚大_友人)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
類焼見舞(甚大_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
この度は、(思いもよらないこと/我が家の火事/我が家の類焼被害)では、(○○/君)にまで心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まいましたね。本当にすみませんでした)。 それに、(お見舞い/沢山の援助)まで(いただき/送ってもらい/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。ありがたく(いただいとくよ/使わしてもらうよ)
今回の(火事/火災/こと)は、(我が家/当家)の(お隣/真向にある/裏)(○○から出火して、俺の家までも焼けてまいました/○○で火事がおきて我が家も半焼する被害となりました/○○に誰かが火を付けて、その火が我が家まで焼けてしまいました)。
(辛うじて/何とか)、(僕の家族に/この火事での)(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いだった(が、/。でもな/。とはいっても/。しかし)、(我が家はほぼ全焼し/家の中は水びたしだし、多くの物が使えないし/家の半分は焼け、住める状況じゃなく)、今は(焼け残った所を応急処置で改造してなとか住んでるよ/○○に仮住まいすることになってるよ/少し離れたところにアパートを借りて住んでるよ)。
(こんなこと経験したこないから、これからどのようかと不安で一杯だ/子供達は、まだ火事の恐怖が残っている/俺には、何も悪いとことはないのにこんな事になって、悔しくて仕方ない)けど、(今更どうにもならないですから/そのことばかり考えていてもしょうがないですから)、最近では家族(力を合して/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かす/跳ね返す/乗り越える)ようと(頑張ってる/励まし合うようにしれる)よ。だから、(○○/君)も(安心してくれ/心配しないでくれ)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終って/仮住まいの手配もできて/今後の補償のこともおおかた決まって)、(何とか/やっと)(少し落ち着いてきたから/普段の生活に戻りつつあるから)、(○○/君)も(安心してくれ/心配しないでくれ)。
(また/それと)、(お見舞いをもらっておきながら/このような状況だったんで)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなったこと、(勘弁してくれな/許してくださいね)。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

4月季節/時候の挨拶

4月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map