盗難/犯罪等見舞(甚大_親戚)_お礼状文例と書き方

盗難/犯罪等見舞(甚大_親戚)_お礼状文例

盗難/犯罪等見舞(甚大_親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(思いもよらぬ○○騒ぎで/長男○○への○○事件で/当家○○○のことで/我が家の空き巣騒ぎで/不届き者のなしたことながら)、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (過分なお見舞い/お心遣い)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略
この度は(思いもよらぬことで/長女への○○事件/○○の空き巣騒ぎ/不届き者による○○○/当家の○○)(では/に際しまして)、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)ばかりか、(お見舞い/お心遣い)まで(いただき/お送りいただき)、(ありがとうございました/厚くお礼申し上げます/感謝いたしております)。ありがたく(○○に使わせてもらいまいた/頂戴いたします)。
今回の(ことは/事件は)、(○日に何者かが我が家に忍び込み貴重品類を全て持ち去りました/○○が帰宅中に数人の者に脅され、金を奪われました)。
(辛うじて/何とか)、(○○は/家族全員が不在で)(危害を与えることがなかった/怪我などなかった/軽傷ですんだ)ことだけが不幸中の幸いでした(が、/。とは申しましても/とはいいましたも)、 (現金はもとよりパソコンなどの貴重品は殆ど持ち去れ、どうしたものかと考え込むばかりでした/直後は日々の生活にも支障がでるありさまでした/○○は精神的に不安定のなり、数日入院していまいた)。
(このようなことは経験したことがなく、これからどうなるか分かれず不安で一杯です/家族の中には、未だに恐怖心を払拭できてない者もいます/○○には全く非がないことでこのようなことになり、悔しくてしかありません)。(しかしながら/でも/ですが)、(今更もどうにもならない/そのことばかり考えていてもしょうがないこと)と(諦めて/割り切って)、家族皆でこの(苦しい状況/苦境/災難)を(早く忘れる/乗り越える)ように(努めております/しています)から、(叔父様/叔母様/○○さん)におかれましても(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
または
(今は、警察の現場検証も終り/犯人は数日後に捕まり/あれから少したち○○は、その恐怖から立ち直り元気になり)、(私たちも/我が家も)(何とか/やっと)(安堵いできましたので/落ち着きを取り戻いたしましたので/平穏な生活へと戻りましたので)、(叔父様/叔母様/○○さん)も(どうか/何とぞ)、(ご安心/ご休心)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について