事故等見舞(甚大_知人)_お礼状文例と書き方

事故等見舞(甚大_知人)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
事故等見舞(甚大_知人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(○○/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(我が家の不始末/思いもよらぬこと/当家の○○事故/○○○)で、(○○/皆)様に(ご心配/ご心労)をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/心よりお詫びいたします/すみませんでした)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございました/恐縮いたしております)。
または
前略
この度は、(我が家の不始末/思いもよらぬこと/当家の○○事故/○○○)で、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)並びに(お心遣い/過分なお見舞い)まで(いただき/頂戴し)、(誠にありがとうございました/厚くお礼申し上げます/感謝しております)。ありがたく(頂戴いたします/使わさせていただきます)。
今回の(事故/こと)は、(全く我が家の者の不始末で、弁解の余地もありません/ちょっとした気の緩みでした/当家の者が少し油断したのが原因でした)。
(幸いにして/辛うじて/○○の的確な対処で)、家の者(に怪我人が出なかった/も軽傷ですんだ)ことだけが不幸中の幸いでしたが、(経験したこののないことで、これからどうなるか分かれず不安で一杯です/○○などは、未だにその恐怖から抜け切れてません/何故こんなことになったのか、考えれるたびに後悔の念にさいなまれてしかたありません)。 (原因はともかく/ですが/とは申しても/しかし)、(今更どうにもならないですから/そのことばかり考えていてもしょうがないですから)、家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境)(に負けないようにしようと/を跳ね返すんだと/を乗り越えるんだと)(覚悟しました/誓いました)ので、○○(様/さん)におかれましたも(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
または
(今では/何とか/やっと)、(我が家/近隣地域/ご近所の皆様)にも(落ち着が戻りました/平穏な生活となりました)ので、○○(様/さん)(におかれましても/にも)(どうか/何とぞ)、(ご安心/ご休心)くださいませ。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(○○/皆)様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map