火事見舞(甚大_友人)_お礼状文例と書き方

火事見舞(甚大_友人)_お礼状文例

火事見舞(甚大_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
この度は、(我が家の不始末/思いてもしてない火事/我が家の火事)で、(○○/君)にまで心配をかけてし(まい申し訳なかったね/まいましたね。本当にすみませんでした)。
(また/それに)、(温かいお見舞状/励ましの手紙)ばかりか、(心遣い/多額の見舞/お見舞いの品)まで(いただき/送ってもらい/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。ありがたく使わせてもらうよ。
今回の(火事/火災/こと)は、(全くもって我が家の者の不始末で、弁解の余地がないです/ちょっとした気の緩みであったからでした/家の者が少し油断したのが原因でした)。
(幸い/辛うじて/消防や近所の方々のお陰で)、(家の者やご近所の方々に怪我人が出なかった/ご近所への類焼がなかった)ことだけがせめてもの救いだ。 (でも/とは言っても/しかし)、(我が家はほぼ全焼だよ/家の中は水びたしで家財道具は全部使えなくなってるよ/家の半分は焼けて住める状況じゃないよ)。今は、(焼け残った所を応急処置で改造して住んでるよ/○○に仮住まいしてるよ/少し離れたところにアパートを借りて住んでいます)。
(僕らが悪いんだけど/今でも火事の恐怖は消えてないけど/俺の不始末で多くの人達に迷惑をかけて、とても反省してるんだけど)、(今更どうにもならないことだし/そのことばかり考えていてもしょうがないことだし/後悔ばっかりしてても元に戻る訳でもないし)、これからは、家族皆(で苦しい状況を乗り越えようとしてる/一から出直すつもりで頑張ろうとしてる/気持ちを切り替えてる)から、(○○/君)も(安心/これ以上はご心配しないでいいからね)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終って/仮住まいの手配もできて/今後のこともおおかた決まって)、(何とか/やっと)(少し落ち着いてきたから/普段の生活に戻りつつあるから)、(○○/君)も(安心してくれ/これ以上は心配いらないからね)。
(また/それと)、(お見舞いをもらっておきながら/このような状況だったんで)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなったこと(勘弁/許)してくれな。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について