火事見舞(甚大_親戚)_お礼状文例と書き方

火事見舞(甚大_親戚)_お礼状文例

火事見舞(甚大_親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(当家の不始末/思いもよらぬ火災/我が家の火事)に際して、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (過分なお見舞い/お見舞いの品/援助品)まで(いただき/お送りいただき/賜り)、(深く感謝しております/ありがたく感謝しています/厚くお礼申し上げます)。ありがたく頂戴いたします。
または
前略
この度は、(当家の不始末/思いもよらぬ火災/我が家の火事)では、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様)に(ご心配/ご心労)をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/心よりお詫びいたします/すみませんでした)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございました/恐縮いたしております)。
今回の(火事/火災/こと)は、(全く我が当家の者の不始末で、弁解の余地もありません/長男○○の気の緩みが原因でした/○○が調理の最中少し油断したのが原因でした)。
(幸いにして/辛うじて/消防やご近所の皆様のお陰で/○○の的確な対処で)、(家の者やご近所の方々にも怪我人が出なかった/ご近所への類焼がなかった)ことだけが不幸中の幸いでした。 (それでも/とは申しましても)、(我が家はほぼ焼失してしまい/家の中は水びたしで多くの物が使えなくなってしまい/家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となってしまい)、今は(焼け残った所を応急処置で改造して住んでる状況です/○○に仮住まいしております/少し離れたところにアパートを借りて住んでいます)。
(私ども不始末とはいえ、悔しくてなりません/今も、子供たちは火災の恐怖から抜けきれていません/私どもの不始末で多くの方々にご迷惑をかけして申し訳なく思う毎日です)。しかし、(今更どうにもならないことなので/そのことばかり考えていてどうにもならないですから)、家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かそう/跳ね返えそう/乗り越えよう)と強い気持ちを持つように(しましたので/なりまいたので)、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様)におかれましても(ご安心/ご休心/これ以上はご心配なされないでください)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終り/仮住まいの手配もでき/今後のこともおおかた決まり)、(何とか/やっと)(少し落ち着きを取り戻しますので/普段の生活に戻りつつありますので)、(どうぞ/何とぞ)、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様)におかれましても(ご安心/ご休心)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について