DVをしない旨の念書文例と書き方

DVをしない旨の念書文例

DVをしない旨の念書例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

ОΟООΟО 様

念 書

(配偶者宛ての場合)
私は、今後二度とあなたに対して暴力をふるわないないことを約束します。
再びそのような行為に及んだ場合、即座に離婚を承諾するとともに、ОΟО円 (年収のΟヵ年分の額か、ОΟО円を下回らない額)以上の慰謝料及び子の養育費 を支払うことを約束します。
 
(配偶者以外の場合)
私は、二度とあなたに対して暴力をふるわないないことを約束します。
万が一そのような行為に及んだ場合、恋人/内縁関係の解消を無条件に承諾し、あなたに付きまとうなどのストーカー行為をいたしません 。

平成Ο年Ο月Ο日

          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名           印
               (自署/捺印)

以 上

この念書は、家庭内暴力(DV)を続ける相手に二度と同様なことをさせないために、心理的な抑制効果を狙い 作成するものです。そのため、再度DVをはたらいた場合のペナルティーまたはその後の対応を明確に記載するのが良いでしょう。
恋人の場合は、分かれた後ストーカーとなる可能性があるので、それをしない旨記載します。 配偶者の場合は、慰謝料の記載を上の例文のとおり時々で変動するように書くか、最低額(・・円以上)で記載するのがポイントです。また、法外な金額ではなく、無理をすれば支払い可能な金額とするのが良いでしょう。
念書は、法的には有力な証拠とはなりますが、慰謝料等の支払いに関する強制力まではありません。 この約束が守られずに給与の差押さえなどしたい時は、裁判所で強制力のある債務名義を取る必要があります。その際は、弁護士又は司法書士に相談さあれてください。
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について