学校宛_校内での暴力行為反省_念書文例と書き方

学校宛_校内での暴力行為反省_念書文例

学校宛_校内での暴力行為反省_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟΟ(高等学校/中学校/専門学校)
校長 ΟООΟ(殿/様)

念 書

私は、○○についてご注意をされたことで(担任/生活指導)の○○先生に対して(暴力/粗暴な行為)に及び、○○先生に(怪我をさせて/大変なご迷惑をおかけ)しまいました。
または
(私は、/僕は友人(○名/等)ともに)(同級生/同クラス/同校)の○○君との(口論/些細ないさかい)から暴力を振るってしまい、○○君(に全治○日の怪我をさせてしまい/にお怪我まで負わせてしまい)ました。
 
(その時/○○先生から注意を受けた時)、(気が立っていてつい手が出て/他の(学生/児童/友人)と一緒で他の人がなすがままに自身もそれに加わってって)暴力を振るってしまい、(今とても後悔しています/今更ながら深く反省しています)。
または
暴力は(如何なる理由であれ/決して)許されることはないと決してゆるされないことは(分かって/理解して)いましたが、(つい逆上して/感情を抑えきれずに/自制することができずに)あのようなことをしてしまい、今深く反省しています。
 
今回あのような(暴力事件を起こして/暴力を振るって)しまい、その結果の重大さを身にしみて分かりなしたので、(今後絶対に/二度と)暴力を振るわないと誓います。
または
つきましては、二度と暴力を振るわない(ことを念書をもって誓いします/とお誓いする証に念書を提出いたします) 。
または
二度と暴力を振るわないことを誓い、万が一再度暴力を振るった場合、厳しい(処分/処置)を受ける覚悟です。
 
(保護者と連名の場合)
つきましては、二度と暴力行為に及ばないことをお誓いする証として念書を本人並びに保護者と連名で提出いたします。

平成Ο年Ο月Ο日

          (○年○組/○○学部○年/学籍番号)
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (保護者等氏名 ΟОΟΟ 印)
          (自署/記名/捺印)

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について