客先への(不適切/遅延)対応の反省_念書文例と書き方

客先への(不適切/遅延)対応の反省_念書文例

客先への(不適切/遅延)対応の反省_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ○○○○
(代表取締役社長/○○部長/工場長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、(重要顧客である株式会社○○よりの見積もり依頼を/(新規/重要)顧客である○○株式会社から(製品照会/技術的な質問をいただいていたにも/○○に関するクレームをいただいていたにも/○日までにご回答するとしていたにも)かからず、)(それを失念し/他の業務を優先してしまい/それを放置して○日の休暇を取得し/自己の怠慢により)、(ご依頼から○日も対応を怠り、結果として○○を失注いたしました/客先より厳しきお叱りを受けました/お客様からの信頼を損なってしまいました/長年かけて築いた○○株式会社殿からの信頼を失墜させてしまいました)。
または
私は、(株式会社○○よりご注文をいただいた/ΟΟ様より○日までに○○をして欲しいとの依頼を受けていた)にもかかわらずそれを(忘れて/完了せずに/完了できずに/私の(勝手な判断/怠慢で)後延ばしして)、会社並びにお客様に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。
 
この度のことは、(ご依頼/ご質問)(と同時に思いがけず急を要する用件が重なった/にお応えするために時間を要していた)とはいえ、(時間的に不可能であるなら(上司に相談す/何らかの行動をとる/何方かに(協力/応援)をお願いする)べきでしたが、それを怠ったことは私の落ち度であることは明白でありまして弁明の余地はなく、深く反省しております。
または
この度の(対応遅延/職務怠慢/信用失墜)は、(ひとえに私の仕事への責任感の欠如であり/全くもって私の不徳のいたすところであり/弁明の余地もなく)、深く反省をしております。
 
今後は、二度とこのような(職務怠慢を/不始末を/客先にご迷惑をおかけ/不誠実な客先対応を)しないよう(職務に専心して/業務を遂行して/肝に銘じて)まいることを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
これからは、初心に戻り業務を(真摯/忠実/着実)に遂行することをお誓いするともに、万が一にも同様のことをなした場合、(厳しい/相応の懲戒)処分をお受け(する覚悟しております/して不服を申しません)。

平成Ο年Ο月Ο日

          ○○部○○課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について