商品破損の反省_念書文例と書き方

商品破損の反省_念書文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
商品破損の反省_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ○○○○
(○○部長/支店長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、ΟΟΟ株式会社へ(○○を/の納品のため、「ОΟОΟ」○個を○○まで)運搬していた際、過って(○○/そのうちの○個(商品原価000円)を(を道路に落下させ/落としてしまい/壁にぶつけてしまい)、商品として販売困難にしてしまいました。
 
この度の商品の破損は、私の(気の緩み/不注意)が原因であり、弁解の余地がなく深く反省しております。
または
(破損させた/汚してしまった/壊てしまった)○○は納品用の品であり、取扱いには細心の注意を払うべきことは当然であるにもかかわらずこのような事態を引き起こし、深く反省しております。
 
今後は、二度と(このような失敗を犯/同様の破損事故を起こ)さないよう、細心の注意を傾け作業にあたることを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
今後は、二度と(会社に損害を与え/同様のことの)ないよう、(気持ちを引き締めて/注意を払って/商品の運搬には細心の注意を払って)まいることの証としてここに念書を提出いたします 。

平成Ο年Ο月Ο日

          ○○部○○課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

-スポンサードリンク-

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と 念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

4月季節/時候の挨拶

4月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map