誤配送の反省_念書文例と書き方

誤配送の反省_念書文例

誤配送の反省_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ○○○○
(○○部長/支店長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、ОΟО株式会社(への配送の際/への○○の納品に際し)、誤って(○○を納品してしまい/(荷/品物)を取り違えてし渡してしまい)ました。
 
この度の(誤配送/取り違い)は、(本来、伝票との付き合わせで検品ををする基本的な手順を怠ったことが原因/私の確認ミス/私の気の緩み)であり、そのことに一切の弁解の余地がなく、深く反省しております。
または
(商品の納品は/(納品/配送)時には取り違いを防ぐために)、(細心の注意と確認をしなければならない/納品手順を遵守しなければならいない/細心の注意を払うべきことは当然である)にもかかわらず、それを怠りこのような事態を引き起こしまい、深く反省しております。
 
今後は、二度と(商品を取り違え/このようなミスを犯さ)ないよう(細心の注意を払う/肝に銘じて職務を遂行する)ことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
今後は、二度と(会社の信用を失墜するこの/同様のことの)ないよう(手順を遵守する/確認作業を怠らない)こと固く誓い、ここに念書を提出いたします 。

平成Ο年Ο月Ο日

          ○○部○○課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について