取引停止/焦げ付き/回収事故の反省 念書文例と書き方

取引停止の反省 念書文例

取引停止/焦げ付き/回収事故の反省の念書文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

株式会社 ΟОΟО
(ΟΟ部長/支店長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、担当しているОΟО株式会社(のΟΟ(専務/社長)を怒らせてしまい/への営業対応において(非礼/無礼)をはたらき)取引停止を言い渡されてしまいました。
 
この度の取引停止は、(私の(職務怠慢/(確認/連絡)ミス/社会人としての自覚の欠如)/ひとえに私の不徳の致すところ)であり、申し開きできることがなく、深く反省いたしております。
または
この度のことが、(客先の(無謀/理不尽)な要求であったしても/(当社の納期遅延/ΟΟの不良)に起因するとはいえ、)(営業として客先にご理解を得ることができなかった/営業対応で最悪の事態を回避けることができなかった)のは、私の(不手際/力不足/職務怠慢/職責に対する責任感の欠如)でありまして、深く反省しております。
 
今後、二度と同様の(不始末でこのような事態を引き起こさ/ミスを犯さ/不手際の)ないよう(肝に銘じていく/細心の注意を払ってまいる)ことを固く誓い、ここに念書を提出いたします 。
または
今後は、二度と(会社に損害を与えることの/同様のことの)ないよう(誠実の職務を遂行/努力してまいる)ことをお誓いするととに万が一にも同様のことをなした場合、(相応の処分を/厳しい処分も)お受けします。

平成Ο年Ο月Ο日

          ΟΟ部ΟΟ課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

焦げ付き/回収事故の反省 念書文例

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長/ΟΟ部長/支店長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、(私が営業を担当している(有限/株式)会社ОΟのΟΟ社長が突然失踪し/ΟΟ社代理人弁護士より、債務整理依頼の受理通知並びに債務減額の打診を受け)、(多額の/ΟΟ円もの/事実上/一部の)(債務/売掛金)の回収できない事態を招き、会社に多大な損害を与えてしまいました。
または
こと度、私が担当する株式会社ООΟが、(先般/О月О日、)(自己破産の手続きを申請/民事再生を申請/不渡りを出し、事実上破綻)したことで、(債務/売掛金)の回収できなくなってしまいました。
 
今回のことは、(全くもって/ひとえに/如何なる理由であれ)営業担当である私の(不徳の致すところ/職務怠慢/管理能力の欠如)であり、深く反省をしております。
または
この度の回収事故は、私がΟΟ社の信用状態の悪化を(報告していなかった/甘くみていた/察知できなかった)ことが原因で営業担当たる私(の責任は免れるものではなく/の職務怠慢とといわざるを得ず/が与信管理を疎かにしていたと言わざるを得ず)、深く反省いたしておりんます。
 
(今後は/今後は二度とこのような事故が起きないよう)担当顧客の(与信/経営状況)に関して(厳格な管理をする/細心の注意を払う)ことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
今後は、二度と会社に損害を与えないよう(肝に銘じて/注意を払って)まいることをお誓いするととに万が一にも同様のことをなした場合、(相応の処分を/厳しい処分も)お受けいたします。

平成Ο年Ο月Ο日

          ΟΟ部ΟΟ課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について