誤請求のお詫び/謝罪と誤請求の報告と返金の連絡文例と書き方

誤請求のお詫び/謝罪_誤請求報告と返金の連絡文例(会社宛)

誤請求のお詫び/謝罪_誤請求報告と返金の連絡文例(会社宛)と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

平成О年О月О日

ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名)
(役職/ΟО) ΟООΟ 様

株式会社 プロポータル
(部署名) ΟООΟ
電話000-000-0000

誤請求のお詫び/誤請求に伴うご返金の件/ΟΟ請求の件

(拝啓/急啓) 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
(早速ながら/実を申しますと/(お電話で/先日/メール)もご説明しまたとおり)、(О月О日付請求書(No.0000)/О月О日に(ご入金/ご集金)しましたご請求)(にご請求金額の/にご請求内容の/そのものが)誤りでありましたことが、(弊社の調査/伝票のチェック/営業担当からの報告/ΟΟ)で(判明/発覚)いたしました。
(このよなことは、決して/(誤って/誤った)ご請求をする)など絶対に)あってはならないことであり、心よりお詫び申し上げます。
 
つきましては、(同封いたしましたご請求書の金額との差額/誤ってご請求した金額と振込手数料を合算した金額)を貴社(口座へ振り込んで返金させて/へ(ご持参して)返金をさせて)いたしたく、存じます。
または
つきましては、(同封いたしましたご請求書の金額との差額/誤ってご請求した金額と振込手数料を合算した金額)を貴社へご返金したく存じますが、(ご返金する貴社口座/ご持参しますので、担当者様のご都合)をご連絡いただだけますようお願い申し上げます。
 
なお、申し訳ございませんが、お伺いしたその折に領収書の訂正をさせていただけますようお願いしたいたします。
または
なお、恐れ入りますが、同封の返信封筒でこの度の請求分の領収書をご返送いただけますようお願いしたいたします。その後、正しい金額の領収書を再度発行させていただきます。
 
今後、このようなことのないよう(管理を徹底してまいります/注意いたします/担当者へ厳重注意をいたした)ので、何卒、今回ばかりは(ご(容赦/寛容)賜ります/お許しいただけます)ようお願い申し上げます。
(甚だ略儀ながら/改めてお伺いしていたしますが、まずは/取り急ぎ)、書面にてお詫び申し上げます。

敬具/早々

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

誤請求の詫び状/陳謝関連文例/書き方一覧

詫び状(誤請求)文例/メール(1-1)
[誤請求のお詫び/謝罪文例(会社宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(1-2)
[誤請求のお詫び/謝罪文例(個人顧客宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(2-1)
[誤請求のお詫び/謝罪_誤請求報告と返金の連絡文例(会社宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(2-2)
[誤請求のお詫び/謝罪_誤請求及び返金の連絡文例(個人顧客宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(3-1)
[誤請求のお詫び/謝罪メール文例(会社宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(3-2)
[誤請求のお詫び/謝罪メール文例(個人顧客宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(4-1)
[誤請求のお詫び/謝罪_誤請求報告と返金の連絡メール文例(会社宛)]
詫び状(誤請求)文例/メール(4-2)
[誤請求のお詫び/謝罪_誤請求報告と返金の連絡メール文例(個人顧客宛)]
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について