設備/漏水/流出/労災事故 詫び状/お詫びメール 文例

設備/漏水/流出/労災事故 詫び状/お詫びメール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

設備事故(一時停止)詫び状文例

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇株式会社
(部署名/役職) 〇〇〇〇 様

〇〇〇〇株式会社
(部署名) 〇〇〇〇
電話000-000-0000

(作業ミス/設備一時停止/設備事故)のお詫び

拝啓 貴社におかれましてはいよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいたさき、お礼申し上げます。
(早速ではありますが/さて)、〇〇(設備改修工事/の作業)において、弊社(作業ミスに伴い/の不手際で/作業中の事故により)、〇月〇日〇時頃、貴社の(生産ライン/設備)を(一時/〇(分/時間)も)停止してしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
この度(の設備の一時停止の/生産ラインが一時停止した/の機械故障を招いた)原因は、弊社の作業員が(誤って〇〇装置の電源を切ってしまた/〇〇をしてしまい、そのために安全装置が働き機器が緊急停止した/〇〇に〇〇したため)であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地もなく、申し訳なく存じます)。
また、本件では(貴社に/再稼動のために〇〇様をはじめ貴社各署に)多大なご(迷惑/不便)をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。
今後は、今回のような(作業ミス/不手際/ミス)がないよう(全社あげて再発防止策の徹底をはかって/一人一人の技能の向上に努めて/肝に銘じて/全ての作業を再点検してミスを防止する対策を講じて)まいりますので、(今回ばかりは/この度ことは)、(何卒ご容赦/どうかお許し)いただきますようお願い申し上げます。
(甚だ略儀ではありますが、/取り急ぎ、/まずは、/改めて事故の(ご報告とお詫び/再発防止策のご説明とお詫び)にお伺いたしますが、まずは)書面にて(設備事故/作業ミス)のお詫びまで申し上げます。

敬 具

関連文例一覧

設備事故(作業時設備破損)詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

(作業ミス/〇〇破損/設備破損)のお詫び

拝啓 貴社におかれましてはいよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいたさき、お礼申し上げます。
(早速ではありますが/さて)、〇〇(設備改修工事/の作業)において、弊社(作業ミスにより/の不手際で/作業中の事故により/作業員の(不始末/機器操作ミス)で)、貴社(の設備/〇〇の壁/〇〇事務所の〇〇)(を破損させて/にキズをつけて/を汚して)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
この度(の事故/〇〇を破損させた)原因は、弊社の作業員(が誤って〇〇を操作したから/の不注意/が無理に〇〇をしようとしたため)であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地もなく、申し訳なく存じます)。
(当然、弊社の責任で破損した(〇〇の修繕/箇所の補修/〇〇を交換/〇〇と同等品を弁償)させていただきますが/破損した〇〇に(の補償について/関して)は、別途ご相談させていただきたく存じますが)、(まずは/何はともあれ)この度のことで多大なご(迷惑/不便)をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げる次第です。
また、今後は今回のような(作業ミス/不手際/こと)がないよう(全ての作業を再点検してミスを防止する対策を講じて/より一層の注意を払うよう努めて/(安全な作業方法/再発防止策)の徹底をはかって)まいりますので、(今回ばかりは/この度ことは)、(何卒ご容赦/どうかお許し)いただきますようお願い申し上げます。
改めて事故の(ご報告とお詫び/再発防止策のご説明とお詫び/補償について/善後策に関してご相談)にお伺いさせていただきますが、まずは書面にて(事故/作業ミス)のお詫びまで申し上げます。

敬 具

漏水/汚水流出事故 詫び状文例(近隣住民宛)

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇 様
または
〇〇地区の皆様へ

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/工場長) 〇〇〇〇

(漏水/弊社〇〇工場汚水流出)事故のお詫び

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
または
急啓(結びは「草々」)この度は、・・・
 
(さて、この度の/この度は、)弊社〇〇(工場/事務所)で発生した(漏水/水漏れ/水道管の破裂/(汚水/廃液)流出)では、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
(今般の/調査しましたところ、今回の)(漏水/水漏れ/水道管の破裂/(汚水/廃液)流出)は、(作業員の作業ミスで誤って(配管を破損/汚水を外部に流)したの/配管の腐食で(水/汚水)が染み出たの/(設備/配管)の老朽化/弊社の不始末)が原因であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地がございません/深く反省いたしております)。
(つきましては/今後は/かかるうえは)、二度とこのような(不始末をおこさせ/ことの)ないよう(設備管理(の徹底/体制を強化)して/従業員一同安全作業を肝に銘じて)まいりますので、何卒ご(寛容/容赦)賜りますようお願い申し上げます。
 
なお、この度にことで近隣の皆様にはご被害はないときき及んではおりますが、もし何か(不都合/お気付き)がありましたらお申し越しください。
または
なお、お詫びのしるしとしまして心ばかりの(粗菓/粗品)をお届けいたします。どうかご受納ください。
 
(甚だ略儀でありますが/取り急ぎ)、書面にてお詫び申し上げます。

敬白/草々

お問い合わせ先
〇〇〇〇株式会社
〇〇〇部〇〇課
電話番号 000-0000-0000
メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp

以 上

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

労災事故 詫び状文例(家族宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項