個人的詫び状(交渉仲立のお願いの断り_知人)_お詫び_文例と書き方

個人的詫び状(交渉仲立のお願いの断り_知人)_お詫び_文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
個人的詫び状(交渉仲立のお願いの断り_知人)_お詫びの文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓(結びは敬具)
○○の候、ΟΟ様には益々ご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)・・・・・
 
または
 
(冠省/前略/拝復_手紙の返事-結びは敬具)
この度(メール/お便り)しましたのは、(他でありません/先日お話をお聞きした/お願いされました)(叔父の○○/ΟΟ様)(との不動産売買/との境界決め/と進められている○○)の件です。
または
早速ながら、(先日/昨日)(お電話をいただいて/いただいた手紙拝読しまして/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
または
この度は、ΟΟ様との○○の件では(ΟΟ様にお味方できません/中立の立場に立ちました/全くお力になれませんでした)こと、改めてお詫び申し上げます。
 
(現状をの説明をお受けして/両者の(お考え/ご事情)をお聞きしまして)、(この件に/この度のことは(お二人の(信条/価値観の違い/お考えの違い)/お互いの利害)に関わることです)から)(第三者である/無関係の/親戚とはいえ)/私は(○○には関係しておりません/全くの素人です)から)私が口を(挟む/出す)のは、(荷が重すぎ/筋ちがい/さし控えたほうがよい)(のではないか/と)(思いまして/考えるに至りまして)、○○さんには申し訳ですが、(このことだけは、ご勘弁いただきたく存じます/今回のことは何方か他の方にお願いしていただければ幸いに存じます)。
または
(お手紙を拝読/お話をお聞き)して、○○さん(がお困りであることひししと感じられました/の辛いお立場よく分かりました/のお考え理解できました)。(しかしながら、/とは申しましても/実を申しますと)、(○○は叔父ではありますが、(あまり付き合いがなく/疎遠で/頑固もんで私の話など聞き入れず)/○○さんはご近所とはいえあまり存じ上げません/私も○○さんとは(以前口論をしてそれ以来、疎遠となっておりまして)(誠に申し訳ないことではありますが、私にはお力になれそうもないのです/何とかしてさしあげたいのは山々ではありますが、私ではお役にたてそもありません)。
または
(ΟΟ様からのたっての/日頃よりお世話になっております○○さん/他でもないΟΟ様)からの(お願い/ご依頼)とあっては、(全力でお力添えし/何としてもお力にならな)なければなりませんでしたが、○○(さん/様)は、(疎遠にしていて/あまり私のことを良く思っていないようで)私(の言うことなど聞いていただけるとも思えませんで/が何か申し上げると逆効果となると思いまして)この度の(お願い/ご依頼)はご勘弁いただいた次第でした。
 
○○(様/さん)には、(たいへんお困り/打つ手がなく/苦しい状況で)私(に(ご依頼/お願い)されたのは承知しましたが/にご相談のこられたのでしょうが)、(全く役立たずでありました/お力をお貸すことができませんでした)こと、何卒ご(容赦/寛容)賜りますようお願い申し上げます。
または
この度は、(お願いお聞き/ご依頼をお受け/ご期待にお応え)できません/友だち甲斐のないしてあいまいます)が、どうか(気を悪くなさいませんようお願いします。/お許しいただいて、今後とも変わらずご交誼を賜りますようお願い申し上げます)。
または
(○○さんとは長い付きお合いですし/これまでも親しくしていただいておりますし/○○さんにご相談いたしておりましたし)、(何とかしてしないといけない/お力になりたかった)のですが、私には(どうにもならないということだけはご理解/何もできまそうにない事情をお汲み取り)いただき今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
 
影ながら○○さん(のご計画が成就します/とのことが解決します)ことをお祈りいたします。
または
(改めまして/取り急ぎ、)お詫びまで申し上げます。
または
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

早々/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

-スポンサードリンク-

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map