過失/故意/犯罪による迷惑行為の詫び状の書き方

過失/故意/犯罪による迷惑行為の詫び状の書き方 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

過失/故意/犯罪による迷惑行為の詫び状の書き方

書き出し部の例文一覧

例文1(末尾は、急啓は「敬具」前略は「早々」/「〇〇の候・・」は不要)
(冠省/前略) この度は、私の(非常識的/社会人としてあるまじき/軽率/全くもって許し難い/無礼な/不心得な/理不尽な/粗暴な)/自己本位な/身勝手な)(言動/行為/振る舞い/不始末)で〇〇様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
例文2
この度は、私の(不注意/分別のない〇〇/自制心のない言動/配慮の欠いた〇〇/認識の甘さ/不始末/軽率な〇〇)から〇〇様のに〇〇してしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
例文3
(先日/先般)(の〇〇において/では)、私の(〇〇と言わても仕方ない行い/勝手な思い込み/勘違い/破廉恥な〇〇/〇〇な言動/甚だ(失礼/無礼)な振る舞い)で〇〇様に(不快/不愉快)な思いをさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
例文4
(昨夜/昨日/先日)の〇〇で、私が(こともあろうに/他ならぬ)〇〇様に〇〇をなし、(ご迷惑をおかけして/に不愉快な思いにさせて)しまいましたこと、(取り急ぎ/何はともあれ/まずは)(お詫び/謝罪)いたしたく存じ、(メールをした/筆を取った)次第です。
例文5
この度は、(先日/先般)の〇〇ことに関してのお詫びを申し上げたく、筆を取った次第です。
例文6
私は、(先日/先般/去る、〇月〇日)貴店に来店した折に〇〇をしてしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました〇〇でございます。
(その折は/その際は/一夜明けて冷静になり)、(何はともあれ/まずは)お詫びを申し上げ(なくてはと思い、/たくて)(筆を取った次第です/メールいたしました)。

関連文例一覧

お詫び部分の例文一覧

例文1
先日のことは、(全く私の不徳の致すところであり/〇〇が原因ですし/ついつい〇〇してしまったのが原因なので)、(弁明の余地もなく/許されない過ちを犯したことを)深く反省しておる次第です。
例文2
(昨夜/先日/〇〇の時)は、(泥酔していた/感情的に不安定になっていた/〇〇であった)(としても/とはいえ)、(〇〇様のお怒りはご最も/私がなしたことは許されないこと)であり、(自身の(行い/情けなさ/愚かな振る舞い)を恥/今更ながら後悔し)、深く反省しております。
例文3
この度のことは、私の(社会人としての自覚の欠如/分別ない行動が引き起こした/の〇〇への認識不足が招いたこと)でありまして、(弁明の余地がなく/あり、申し開きできるものではなく)、(深く反省/猛省)するとともにただただお詫びを申し上げるばかりです。
例文4
〇〇様(のお怒りをかって/のご(厚誼/交誼)を踏みにじることをして/に取り返しがきかない(無礼をはたらいて/失礼なことをして/不愉快な思いをさせて)しまい、(いまは/私のできることは)(ただただ〇〇にお許しをいただけますようお願いするばかりです/〇〇様の温情にすがりお許しを賜れますよう伏してお願いする次第です)。
例文5
(当日/先日)は、(ライラしておりまして/思うよにならない事が重なり、自分の感情を抑えることができませんで/神経が高ぶっていて自制心がきかず)、(自分でも思いもよらない(行動/言葉を発)してしまいました/不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったかのかと)今では(深く反省/後悔)するばかりです。
例文6
(この度は/今回のことは)、私(ども)の(落ち度/不注意/〇〇認識の欠如)(であり、弁明の余地もありませんで/であることは明白あり、)この度の(不始末を恥じ/行いを悔い改め/ことを後悔)るとともに深く反省いたしております。

謝罪の受け入れのお願い/反省と誓いの部分の例文一覧

例文1
今後は二度と(迷惑行為をなさない/〇〇と言われても仕方がないことをしない)よう(肝に銘じて/自身の行動を律して)してまいることを(確約/お約束/お誓い)しますととも、できましたら今後とも変わらず(ご交誼/お付き合い)いただけますようお願い申し上げます。
例文2
この度のことで〇〇様の(気分を害してしまいましたが/嫌な思いをさせてしまったを思いますが)、(何卒/どうか)(今後ととも/変わらぬ)ご(厚誼/交誼)をよろしくお願いいたします。
例文3
今後は、(二度と/決して/再び)同様の過ちを犯さないよう細心の注意を払ういますことをお誓いしますので、(何卒/今回ばかりは)(お許しを/ご寛容)賜りますよう伏してお願い申し上げます。
例文4
〇〇様(には、多大なご迷惑をおかけして/の信用に傷を付けてしまい/に取り返しがきかないことをしてしまい)、(いまは/私のできることは)〇〇様の温情にすがりお許しを賜れますよう伏してお願いするばかりです。
例文5
この度のことで〇〇様の信用を(損なって/傷つけて/損ないかねない状況を招いて)しまい、(簡単にお許しいただけると思いませんが、私の謝罪の気持だけ汲みとってくれてば幸いに存じます/お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです)。
例文6
(一度失った信頼を取り戻すことはできないでしょうが/〇〇様に抱かしてしまった(不安感/不信感/怒り)を払拭するこはは難しいと存じますが)、(謝罪/お詫び)の(意/気持ち)だけでもお汲み取りいただだけましたら(幸いにです/幸甚に存じます)。
例文7
今回に限って警察への(通報を/被害届の提出を)控えていただ(き感謝いたしますとともに/いたご恩を無にしないよう)、二度と(同様/このよううな)の不始末をさせないよう肝に銘じてまいる(所存です/ことをお誓いします/ます)。
例文8
当然ながら、〇〇してしまいました〇〇(の修理代金は私が負担いたします/は弁償させていただきます)ので、(お手間をおかけして申し訳ありませんが/お手数ですが)(同等品のご希望をお伝え/業者からの(請求書/見積書)は私に送って)いただきますとともにこの度の件、何卒ご寛容賜りますよう(重ねて/改めて)お願い申し上げます。
例文9
この度の〇〇は、(一切の責任は私どもに/全く私の責任で)あることを認めて(誠意をもって対応いたしたく存じます/私どもとしてもできるだけのことをさせていたさきたい/当然ながらでくる限りの(損害賠償/弁償)をいたします)ので、今回のことに関して(お許しいただけ/ご寛容賜り)ますよう伏してお願い申し上げます。

結びの部分例文一覧

例文1
(改めて/できれば/もし、お許しを頂戴できるのならば)、(お伺いしてお詫びを/拝眉にてお詫び)申し上げたく存じますが、まずは書中にてお詫びを申し上げた次第です。
例文2
(誠に失礼ながら/略儀ながら/取り急ぎ)、書中にてお詫び申し上げます。
例文3
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びまで申し上げます。
例文4
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です。
例文5
まずは、(お詫びのしるしとしまして心ばかり(粗菓/粗品)を/甚だ些少ではありますが、お見舞いを)お届けいたします。どうかご受納ください。
例文6
早々にご訪問すべきではありますが、(誠に失礼ながら/甚だ略儀ながら/取り急ぎ/改めて)書中にてお詫びを申し上げます。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項