誤解/勘違いした/行き違い 詫び状 文例

誤解/勘違いした/行き違い 詫び状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

誤解/勘違い 詫び状文例(友達宛)

前略 〇〇(君/さん)(先日は/この前は/〇〇のことは/あれは)、(僕/私)の(完全な/全くの)(勘違い/誤解)でした。本当に(ごめんなさい/変なこと言ってしまってごめんなさい)。
または
(昨晩/先日)は、(僕の(誤解/勘違い)でした申し訳ありませんでした/後になって考えてたら僕の(誤解/勘違い)だと分かりましたごめんね/〇〇に聞いたら僕が(単に/全く)(誤解/勘違い)してたようです。本当にすみませんでした)。
または
(この前/昨日)、僕の(勘違い/誤解)で(君に酷いことを言って/君に変なメール送って)本当にごめんね。その(お詫びをいいたくて/ことが分かって)(急いでメールしました/今これを書いてます)。
 
(昨日/この前)は、僕(が誤解/の勘違い)から(酷いことを言っ/非難し)(たことを今更ながら後悔しています。そしてにすまいない気持ちで一杯です/てしまったことを心から反省しています。
または
(あの日/その頃)は、少し(冷静な判断ができていなくて/興奮して/意固地になって/頭にきて/感情的になって)君(を信じなくて/の言い分を聞かなくて)本当に申し訳なく思っています。そして、僕が(誤解/勘違い)していることが分かって君に対して悪いことをしたと、深く反省しています。
または
(実は、/昨日〇〇聞いて)(あの/〇〇)ことが僕の(誤解/勘違い)で君の言うとおりだったと分かって今(本当に自分がしたことを恥ずかしく思うし/となっては取り返しがきかないけど、君に文句を言ったことを後悔するととに)深く反省してます。
 
誤解は解けたといっても(酷いことを言ってしまったから/友だち甲斐のないことをしたから/君を信じなかった僕を)(怒っているでしょうが/許してはもらえないかもしれませんが/簡単に仲直りしてもらえないでしょうが)、(もし許してくれるなら連絡くださいね/また仲良くしてもらえるならありがたいです)。
または
今後は、(人の話も良く聞くように/あんな早合点をしないように)(するから/肝に銘じるておくから)、今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(昨晩/先日/この前のこと)のお詫び(まで/とお願いまで)。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 (君へ/さん/様)

関連文例一覧

誤解/勘違い 詫び状文例(目上の方宛)

前略 (昨日/先日/先般)は、私の(勝手な(思い込み/解釈)/誤解/勘違い)から〇〇(様/〇〇)(にはいらぬご(心配/不便)をかけて/に不愉快な思いをさせて/の気分を害して)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前略 (先日の/この前の)〇〇において私の(物言いが悪くて/勘違い/不手際/誤解)から〇〇(様/部長)に(誤解を招いて/恥をかかせて/ご迷惑をかけて)しまい、心よりお詫び申し上げます。
または
前略 (昨夜/昨日/先日)の〇〇で〇〇(様/〇〇)(に誤解を招くことを(して/言って)/を私の勘違いで(不愉快な思いに/怒らせて)させて)しまったこと、(取り急ぎ/何はともあれ/まずは)(お詫び/謝罪)いたしたく存じ、(メールをした/筆を取った)次第です。
または
前略 この度は、(先日/先般)の(〇〇こと/不始末)に関してのお詫びを申し上げたく、筆を取った次第です。
 
(先日/〇〇の時)は、私が(誤解を招く〇〇を(言う/した)ことで/誤解して誤ってことを(お伝えした/言った)ことで/甚だしい勘違いをしたために)他ならぬ〇〇(様/部長)(に不愉快な思いをさせて/の誤解を招いたばかりか怒らせて/に恥をかかせて)しまい、自身の(浅はかさ/早合点/軽率さ)を恥じるとともに今更ながら(後悔/深く反省)しております)。
または
先日のことは、(全く私の不徳の致すところであり/自身の(誤解/勘違い)を認めなかった私が悪いのは明らかであり/(私の(物言い/伝え方)/私)に至らぬとことがあったのが原因であり)、(弁明の余地もなく/あってはならない過ちを犯したことを)深く反省しておる次第です。
または
(昨夜/先日/〇〇の時)は、(自身の先入観から誤解して/注意力がはたらきませんで勘違い/(何も考えも/疑うことも)せずに謝ったことをお伝えして/〇〇の情報を鵜呑みにして)してしまい、(今考える軽率だったと後悔するとともに/今更ながら自身の不甲斐なさを恥じて)、深く反省しております。
 
今後は同様(の過ちを犯さ/のことが)ないよう肝に銘じたまいりますので、何卒、(今回ばかりは(お許しを/ご寛容)/これまでと変わらぬご交誼を)賜りますよう伏してお願い申し上げます。
または
この度のことは、私の(誤解/勘違い)から起きたことであり、〇〇(様/部長)お許し(を頂戴できるとは存じません/を請のもはばかりますが)、(謝罪/お詫び)の(意/気持ち)だけでもお汲み取りいただだけましたら(幸いにです/幸甚に存じます)。
または
〇〇(様/部長)(に恥をかかせて/に酷いことをして/のお怒りをかって/誤解とはいえ無礼な物言いをして)しまいましたことを深くお詫び申し上げますとともに今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 または
〇〇(様/部長)(に大変お世話になっておきながらこのような失態を演じて/に取り返しがきかない失敗をして/不愉快な思いをさせて)しまい、(いまは/私のできることは)〇〇様の温情にすがりお許しを賜れますよう伏してお願いするばかりです。
 
改めて(お伺いしてお詫びを/拝眉にてお詫び)申し上げたく存じますが、まずは書中にてお詫びを申し上げた次第です。
または
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びまで申し上げます。

敬具/草々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

行き違い 詫び状文例(友達宛)

拝啓 〇〇の候、〇〇様にはますますご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)、この度は、私(の連絡ミスで/の不手際で/が誤った連絡をしたため/が連絡を忘れたために/が誤解をしておりまして)〇〇様(にご迷惑をおかけしてしまい/をお怒こらせてしまい/にご(注意/叱責)を賜りましたこと)、深くお詫び申し上げます。
 
または
 
(冠省/前略) この度の〇〇(において/で/について)私(が連絡ミスしたことで/が誤った連絡をしたため/が連絡を忘れてしまいましたことで/の(表現が稚拙で/伝え方が悪く)誤解を招いたことで)〇〇様に(多大なご迷惑をおかけして/(不快/不愉快)な思いをさせて)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
〇〇さん、(いかがお過ごしでしょうか/先日の〇〇こと本当にごめんなさい)。
または
今回お(手紙を/葉書を書きま)したのは(他でもありません/先日の)〇〇のことです。
(あの/連絡した/電話した)時、私が(間違ったことを(教えて/知らせて)しまった/いい加減なことを言ってしまった/確認もしないで〇〇した)ことで〇〇(様/さん)(に恥をかかせてしまい/にご迷惑をおかけしてしいまい/不愉快な気持ちにさせてしまい)、本当に(ごめんなさい/すみませんでした)。
 
(お電話でも/先日も)お話しましたように〇〇の(日時/時間/〇〇)を間違えてしまったのは、私が(勘違いした/(再度)確認しなかった/〇〇を見間違えた)こと(そもそもの原因で/が一因で/が原因で)して、(私の無責任さ/私のいい加減さ/自身の軽率な言動)を(後悔する/情けなく思う/恥る)ととに(〇〇(様/さん)に申し訳なく思って)/深く反省しております)。
または
この度のことは、お伝えしましたように私(が連絡を忘れていた/が誤ったことを教えた)ことが(悪くて/理由でして/原因で)〇〇さんに(ご迷惑ををかけて/不愉快な思いをさせて)しまい、(本当にすまなく思って/心から反省して)います。
または
(連絡を忘れた/間違ったことを知らせた/〇〇をどうとも取れる言い方で伝えてこと)のは、(私のミスであり/全くもって私に非があり/申し開きできないことであり)、深く反省しするととに心よりお詫びを申し上げます。
 
この度のことで〇〇(様/さん)(の気分を害されたして/恥をかかせて/に残念な思いをさせて)しまい申し訳ないことではありますが、(何卒/どうか)今回だけは(ご寛容賜りますようお願いいたします/お許しください)。
または
今回、(申し訳ないことをし/面目ないことをな)してしまい(簡単に/直ぐに)お許しいただけるとは思いませんが、どうか私の謝罪の気持ちだけでもお汲み取りいただければ幸いです。
または
この度は(お恥ずかしいことをしてしまい/(いい加減/無責任)なことをなしてしまい)、お許しを乞うのもおこがましいのですが、どうかお許しいただけますようお願い申し上げます。
または
これからは二度とこのようなことのないように(注意して/肝に銘じた)まいりますので、今後とも(仲良くしてください/(これまでどおり/変わらず)友達でいてくさい)。心よりお願いします。
 
(改めまして先日の(ご無礼/連絡ミス)の/略儀ながら/取り急ぎ、)お詫びまで申し上げます。
または
取り急ぎ、先日のお詫び(とお願い)まで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

誤解をした/させた お詫び/反省文 メール文例(恋人間)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項