個人的詫び状(会社等の器物破損/示談お願い)_お詫び/謝罪_文例と書き方

個人的詫び状(会社等の器物破損/示談お願い)_お詫び/謝罪_文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
個人的詫び状(会社等の器物破損/示談お願い)_お詫び/謝罪の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 
貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、・・・
または
(急啓/前略)
(先日/先般/この度)は、私の(理不尽な行動/(軽率/非常識)な行いから/粗暴な行動/不始末)で(貴店/貴社)(の○○を(壊し/汚して/台無し/傷つけ)て/に損害を与えて/にご迷惑をおかけして)しまい、深くお詫び申し上げます。
または
私は、(先日/先般/去る、○月○日)(貴店に来店/貴ホテルに宿泊)した折に○○をしてしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました○○でごさいます。
(その折は/その際は/一夜明けて冷静になり)、(何はともあれ/まずは)お詫びを申し上げ(なくてはと思い、/たくて)(筆を取った次第です/メールいたしました)。
または
この度は、私の(不始末/非常識な行い)で(貴店/貴社)の○○を(傷つけて/壊して)しまいましたことを改めてお詫びを申し上げたく、筆を取(りました/った次第です)。
または
去る○月○日、(貴店)に来店した際、(私の粗暴な振る舞いで○○を破損してしまい/○○する不始末を起こしてしまい/貴店の(備品/設備)を粗暴に取り扱かって破損させてしまい)(貴社/貴店)に多大なご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます。
 
(先日/昨晩/この前)のことは、(感情的に不安定になっていて/酒のに酔ってて/○○についてご注意を受けてつい頭にきて/ついつい(感情的になって/興奮して)/全く自制心がきかず)、、(近くのものに当たって/○○を衝動的に(投げて/蹴って)壊して/貴店の○○を○○して)しまいましたこと、後悔するとともに今では深く反省しております。
または
昨晩は、(酒のせいで断片的にしか/前後不覚で/全く自分がしたことの)記憶がないのではありますが、ΟΟ様の(庭を荒らして/○○を奪い、それを壊すなどして/家の前で暴れて植木鉢などを壊しして)(警察で事情聴取を受けることとなり/してしまったと後で分かり)、貴社の皆様にご迷惑をおかけしたことを(後悔するともに/今更ながらながら)深く反省)しております。
または
(当日/先日)は、(イライラしておりまして/思うよにならない事が重なり、自分の感情を抑えることができませんで/神経が高ぶっていて自制心がきかず)、(自分でも思いもよらない(行動/言葉を発)してしまいました/不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったかのかと)今では(深く反省/後悔)するばかりです。
または
この度のことは、(ひとえに私の不徳の致すところであり/私の不注意が引き起こしたことであり)、(深く反省いたしております/深く反省するとともに心よりのお詫びを申し上げる次第です)。
または
この度のことは、私の(公共心の欠如/社会人としてあるまじき軽率な行為で)あり、(弁明の余地もありませんで/許されることでありませんで)、(今更なながら/後悔するとともに)深く反省いたしております。
 
(当然ながら壊してしまった○○弁償をするにしも/泥酔していたとはいえどもあのようなことは/他人様のものを壊すことは)、(決してして許されない過ちであり/言うまでもなく犯罪行為であり)、(簡単/直ち)にお許しいただけ(るとは思いませんが/ないのは重々承知しておりますが)、(お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです/(今は/まずは/できますれば)謝罪の気持だけお汲みとりいただければ幸甚に存じます)。
または
当然ながら、壊してしまいました○○(の修理代金は私が負担いたします/は弁償させていただきます)ので、(お手間をおかけして申し訳ありませんが/お手数ですが)(同等品のご希望をお伝え/業者からの(請求書/見積書)は私に送って)いただきますとともにこの度の件、何卒ご寛容賜りますよう(重ねて/改めて)お願い申し上げます。
または
今回に限って警察への(通報を/被害届の提出を)控えていただ(き心より感謝いたしますとともに/いたご恩を無にしないよう)、二度と(同様/このよううな)の不始末をさせないよう肝に銘じてまいる(所存です/ことをお誓いします/ます)。
または
この度にことは、(全くもって弁解の余地もなく私の不始末/社会人としてあるまじき行為/自身ので責任)あり、ΟΟ様には(お怒りと/許し難い)とは存じますが、(何卒/どうか)今回ばかりは(示談ということで収めていただけますよう/警察への被害届を控えていただきますよう)伏してお願い申し上げます。
 
(本件に関するご示談の/(傷つけて/壊して)しまた○○の(修理/弁償)に関しての)お願いとお詫びまで申し上げます。
または
(改めて/近々)お伺いいたしたく存じますが、(まずは/取り急ぎ/甚だ略儀ではありますが、まずは)書中にてお詫び(とお願いを)申し上げ(ます/た次第です)。
または
取り急ぎ、お詫び(とお願い)まで申し上げます。

早々/敬具

平成О年О月О日

ΟООΟ

株式会社 ООΟ
(ΟООΟ/ご担当者) 様
または
株式会社 ООΟ御中
または
ОООΟ
(店長/支配人/総務部長) 殿

-スポンサードリンク-

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map