個人的詫び状(自身の自転車事故/示談お願い)_お詫び/謝罪_文例と書き方

個人的詫び状(自身の自転車事故/示談お願い)_お詫び/謝罪_文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
個人的詫び状(自身の自転車事故/示談お願い)_お詫び/謝罪の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
(先日/先般/この度)は、(私/僕)が(ブレーキのない/傘をして/携帯電話を操作しながら/無灯火の)自転車(に乗り/で走行し)、ΟΟ様(にお怪我をさせで/に(接触/追突)し、○○を壊して/を驚かせて)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
(先日/先般/この度)は、私の無謀な自転車の運転で(ΟΟ様/お子様/ΟΟ様)(にお怪我をさせて/骨折の大怪我をされ/○○してしまい)ましたこと、(心より/衷心より)お詫び申し上げます。
または
私は、(先日/先般)(ΟΟ様/お子様/祖父母様)にさせてしまいまいた(ものです/○○と申します)。
(ことの重大さをひしひしと感じる/自身の責任の重さを痛感し)、(何はさておき/まずは/お詫びの言葉も見当たりませんが、何はともあれ)お詫びを申し上げたく、(筆を取った次第です/メールいたしました)。
または
ΟΟ様におかれましては、その後お怪我の具合はいかがでしょうか。私の(無謀な/非常識な/交通法規に反する)自転車の運転でΟΟ様にお怪我をさせてしまい、深くお詫びを申し上げます。
 
この度のことは、(全く私の不徳の致すところであり/自転車を乗るものとしての自覚の欠如であり/私の常識のなさが原因であり/一切の非は私にあり)、(弁明の余地もなく/申し開きできることは一切ありませんで/今考えると軽率だったと後悔するとともに)深く反省しておる次第です。
または
この度の事故は、(私/僕)が(無灯火で自転車に乗っていたのが/携帯を見ながら自転車に乗っていたのが/よそみをしたことが/傘をさして自転車にのていたのが/スピードと出しすぎて直ぐにとまれなかったのが/一時停止を怠ったことが/ブレーキのない自転車に乗っていたのが)(原因であるこは明らかで/一因であり/悪く/原因と警察も認定しており)、(一切の申し開きができませず/ただただ)自身の(軽率さ/行い)を(反省するばかりです/深く反省しております)。
または
この度(は、幸い(擦り傷程度の怪我で/大事に至らずに)すんだ/の事故は、(雨で視界が悪かった/雨で路面濡れいてスリップした/(お子/祖父母)様が急に飛び出した)とはいえ、(私が運転中の(注意力が欠けてした/安全義務を怠った)ことも原因の一端であり/私の責任が免れることはありませんで/私にも相応の責任はあり)、(事故の責任を(認識し/認めるとともに)、/自身の犯した過ちの重大さを痛感し、/お怪我をされたΟΟ様には申し訳なく思うとともに)深く反省をして(おる次第です/おります)。
 
(ΟΟ様/祖父母様/お子様)にお怪我をさせてしまい、(ただただΟΟ様(をはじめご家族の皆様)にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様(方)の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
(ブレーキのない自転車に乗る/通りに出るのに一時停止しない/(携帯を見ながら/傘をさして)自転車にに乗る)行為は、(決してして許されないことでは/言うまでもなく(犯罪行為/交通法規に反すること)であり)、(簡単/直ち)にお許しいただけ(るとは思いませんが/ないのは重々承知しておりますが)、(お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです/(今は/まずは/できますれば)謝罪の気持だけお汲みとりいただければ幸甚に存じます)。
または
ΟΟ様の(温情/ご配慮/お情け)で(内々に収めて/警察への連絡を控えて)いただけるとのことで、心から感謝いたしております。今後は、(その恩を決して忘れず絶対に/決して)(○○/無謀な自転車の乗り方)をしないとここにお誓いいたします。
または
この度の事故は、(一切の責任は私に/全く私の責任で)あることを認めて(治療費/治療費及びご迷惑をおかけしたお詫びも含めて/当然ながら治療費は私が負担いたします)ので、(何卒/どうか)今回ばかりは(示談ということで収めていただけますよう/警察への連絡を控えていただきますよう)伏してお願い申し上げます。
 
(後日改めてお伺いしてお詫びを申し上げたく存じますが、まずは/ΟΟ様にご迷惑をおかけしてしまった)お詫び(のしるしとして/の意を表したく)、(粗菓/粗品/ささやかな品)をお送りしますのでご査収いただけますようお願いいたします。
または
(療養/治療)の(お邪魔をする/心を乱すようなことをする)のは本意ではございませんので、(略儀ながら/まずは)書中にてお詫びとお見舞いを申し上げます。
または
(改めて/近く/近々)お伺いいたしたく存じますが、(まずは/取り急ぎ/甚だ略儀ではありますが、まずは)書中にてお詫び(とお願いを)申し上げ(ます/た次第です)。
または
(誠に失礼ながら/甚だ略儀ながら/取り急ぎ/改めて)、書中にてお詫び(とお願いを)申し上げます。

早々/敬具

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

-スポンサードリンク-

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map