個人的詫び状(身元引受人宛_万引/器物破損)_お詫び/謝罪_文例と書き方

個人的詫び状(身元引受人宛_万引/器物破損)_お詫び/謝罪_文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
個人的詫び状(身元引受人宛_万引/器物破損)_お詫び/謝罪の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
(○○(様/さん)/叔父様)には、(誠に/甚だ/大変)(お恥ずかしい/面目ない)ことで(ご足労/お忙しいところお店まで来て)いただ(きましたご恩に対しまして/いた上に身元引受になっていただき)心から(感謝いたしております/お礼申し上げます)。
または
○○(君/さん)、(先日/この前)は本当に(ありがとうございました。○○さんのお陰で助かりました/申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます)。
または
(昨日/先日)のことでは、私の不始末のために身元引受人(をお引き受け/にまでなって/の重責まで負って)いただき心よりお礼申し上げます。また、この度のことでは、(○○(様/さん)/叔父様)には(いらぬ/多大な)ご迷惑をおかけしましたこと、(改めて/重ねて)深くお詫び申し上げます。
 
(先日/昨日/この前)のことは、(全く私の不徳の致すところであり/社会人としてあるまじき軽率な行為であり/言うまでもなく犯罪行為であり/一切の弁明の余地がなく/身勝手極まる行為であり)、(今更ながら/後悔するともに)深く反省いたしております。
または
(当日は/先日は/言い訳するつもりではありませんが)、(善悪の分別すらできないほど精神的に不安定な状態で(理由もなく/訳も分からず/自己抑制がきかず)あのような行為をなしてしまい/思うようにならないことがあり、(物に当たる/スリルのある)ことで紛らすという軽率な行動を犯してしまい/ついつい出来心であのような行為に及んでしまい/あのような行為をなしてしまい)、(今更ながら/今は)(深く反省/後悔)しております。
または
あの日は、どうかしてて何で万引きをしたのか(信じられない思いです/自問自答しても分かりません)。とはいえ、僕が万引きしてのはは事実ですし、それを受け止めて今では深く反省もしているし、迷惑をかけてしまった○○(君/さん)をはじめ多くの皆さんに申し訳ない気持ちで一杯です。
または
先日は、(何かの拍子に/何か分からないまま)急に(感情が爆発して/自己の抑制が効かなくなって/怒りが込み上げて)○○を(蹴ったりして/傍にあった○○で殴りつけて)壊してしました。とはいえ、その時(の記憶はあやふやで/は泥酔してて自身がしたことをあまり覚えていなくて)(後で/君が来て/一夜明けて)(分かりました/ことの重大さを知りました)。(今となって/今更ながらですが/そして今)、そんなことをしたことを(後悔/深く反省)しています。
 
今回のことで(○○(様/さん)/叔父様)(に身元引受人になって/に助けて/のお陰でことを穏便に収めて)いただきましたご恩はは決して忘れませんし、二度と(万引きをしない/あのようなことをしない)とお誓いします。
または
(○○(様/さん)/叔父様)には、身元引受人の重責を担っていただいて(ることを忘れず/いる以上は)、(今後は自身の行動を律してまいる所存です/今後決して軽率な行動をしないよう肝に銘じて生活してまいいる覚悟です)。
または
ついては、(これ以上/今後)○○(君/さん)に迷惑をかけないようにしていきますので、これからも(変わらず友だちでいてください/仲良くしてください。お願いします)。
または
(また、今回お店とした約束である/尚、ご心配をかけしていた被害届を控える条件であった)(○○の修理/○○の弁償/○○)は(私が責任もっていたします/○日に終わらせました)ので、ご安心ください。
 
甚だ略儀でありますが、書中にてお礼とお詫びを申し上げます。
または
(近々/週末にも)お宅にお伺いしたく存じますが、まずは書中にてお詫びとお礼を申し上げます。
または
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びとお礼(まで/まで申し上げます)。

敬具/早々

平成О年О月О日

ΟООΟ 様
または
ΟООΟ (君へ/さん/様)

-スポンサードリンク-

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

3月季節/時候の挨拶

3月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
3月上旬 (弥生/早春/浅春)の(候/みぎり)
3月中旬 (軽暖/春暖/春分)の(候/みぎり)
3月下旬 (陽春/春色/萌芽)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map