個人的詫び状(物品購入の断り_友人)_お詫び_文例と書き方

個人的詫び状(物品購入の断り_友人)_お詫び_文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
個人的詫び状(物品購入の断り_友人)_お詫びの文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(冠省/前略/拝復_手紙の返事-結びは敬具)
君から連絡をもらったのは、(○○卒業/○○)以来(だから○年ぶりだだけど/だから少し驚いたけど)、(君も仕事頑張っているようで安心したよ/元気そうで何よりです)。
または
○○(君/さん)、(メール/資料送って)くれてありがとう。早速、読ましてもらたよ。
または
(今回は、この前の件で/先日来て説明してもらった(○○のことで/(英会教材/百科事典/リゾートマンション/○○)の件で)(メールしました/連絡しました/返事をと思ってこれを書いています)。
 
さて、(昨日/こないだ)の件、(○○(君/さん)/君)とは(学生のことからの付き合い/長い付き合いだ/○○からの付き合いだ/いつも仲良くしてもらってる)から(カタログは見た/資料は読んだ/話だけは聞いた)けど、(申し訳なが、○○には興味がなくてね/今は(僕には必要ない/あんなに高価なものは手が出ない)から/持ち合わせがなくて/安月給で汲々としていて/妻に許してもらえなくて)、(今回は諦めるしかないよ/この件は申し訳ないけど無理だよ/これは、勘弁してくださいね)。
または
早速だけど、(資料を送って/説明して)くれた(○○/英語教材)だが、(本心は欲しい/金さえあれば二つ返事で買うんだ/必要だと思う/あればいいと思う/手間を取らせて申し訳ないと思う)けど(金がない/維持できない/置き場がない/嫁が許してくれない)から、(今は遠慮するよ/今は買えそうもないよ/すまないがあきらめてくれな)。
または
さて、(○○/この前/電話/メール)のこと(僕なりにいろいろ考えてた/その○○について調べてみた/一晩じっくり考えてた)んだけど、(正直言って(○○なので/高いので)躊躇せざるを得なくてね/僕には身分不相応だから/僕には必要ないみたいだから)(今回のような(○○商品の紹介/セールスの連絡)は(遠慮して/勘弁して)くれればありがたいよ/すまないんだが、他の人を当たってもらえればありがたいです/(今回のこと/そのことだけ)は、勘弁してくれな)。
または
(先日の話/さて)、○○(君/さん)、(がノルマに追われている状況/が困っている様子/が大変な状況)(はよく分かった/は僕にもひしひしと伝わってきた/には心から同情する)(んだけど/けど)、(○○は(興味がな/僕には必要)ないから/恥ずかしながら僕には○○を持つだけのの余裕がなくて/僕も貯金がなくて/安給料で汲々としていて)(すまないが/申し訳ないが)、(このことは(諦めて/勘弁して)くれな/全く余裕がない(だ/んです)/君の力になれそうもありません)。
 
(大変は状況で/いろいろ大変な状況で/恥をしのんで/他に頼る人もなく)(私/僕)(を頼ってくれた/に助けを求めた)のが分かっているけど、(全く力になれない/友だち甲斐のない/期待はずれな返事となって)(本当にごめんなさい/お詫びします/(君/○○君)に申し訳ないことをするのを許しください)。
または
(君とは長い付き合いだし/これまでも仲良くしてもらってるし/君にはノルマ達成のために○○を買ってもらった恩があるし)、僕としは(何とかしてあげたい/力になりたい/少しでも役に立ちたい)けど、(僕には今○○は正直いって必要ないんだ/僕には今何かできる状況じゃないんだ/今は無理なんだ)。本当に(も申し訳ない/ごめんね/すまない/信じてくださいね)。
または
今回は、(君のお願いをきけない/友だち甲斐のないことをする)けど、(お金が絡むこと以外なら力になるからまた連絡してね/これからも仲良くしてください/変わらず友だちでいてください。お願い申し上げます)。
 
先日の返事とお詫びまで。
または
(これに懲りないでまた連絡くださいね/健康だけは気をつけろよ)。
または
影ながら君の仕事がうまくいくことを祈っとくよ。

早々/敬具

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん)

-スポンサードリンク-

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

3月季節/時候の挨拶

3月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
3月上旬 (弥生/早春/浅春)の(候/みぎり)
3月中旬 (軽暖/春暖/春分)の(候/みぎり)
3月下旬 (陽春/春色/萌芽)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map