詫び状/謝罪の返信_個人-会社(工事での器物破損お詫び)への返信メール文例と書き方

詫び状/謝罪の返信_個人-会社(工事での器物破損お詫び)への返信メール文例

詫び状/謝罪の返信_個人-会社(工事での器物破損お詫び)への返信メール文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(○○(破損/汚損)の(補償/弁償/修繕)の件/早々のご対応(ありがとうございます/ありがたく存じます)/今後はご注意いただきますようお願いします/ご(提案/対応)への回答/○○の件)


株式会社○○(工務部/○○部)
ΟООΟ 様
 
○○マンションの○○と申します。
または
(先日、/○○工事での(壁破損/○○)につき)(メール/お電話/ご訪問)をいただいた○○と申します。
または
○○工事の最中に私の(車/バイク/○○)(に傷とつけた/を破損した)との(メモ/お詫びの文書)を見ましてメールいたしました。
○○と申します。

 
(先般のことで/工事での○○の破損については)、○○(の(補修/修理/を弁償して)いただけるとの(メール/連絡)をいただき(返信/ご返事)をさし上げました。
当方としては、(修理をしていただければそれで結構であります/同等のものを弁償そしていただければかまいません)ので、(それ以上のお気使いはご無用にされてください/お気にされないでください)。
なお、(補修/修繕)工事日が決まりましたらご(一報/連絡)いただければ(対応させていただきます/幸いです)。
取り急ぎ、○○破損に関するご提案のご返事まで。
 
または
 
(さて/早速ながら)、○○の(破損/汚損)の件ですが先日(お聞きした内容で/貴社よりご提案いただいた○○(修理/弁償/修繕)をする案)で(当方も合意させていただきたく(ことにいたしました/存じます)/結構であります)。
(早々の対応ありがたく存じます/貴社の誠意ある対応、心より感謝いたします)。
(また/それにもかかわらず)、(先日は/先般お越しになられてさいは、少々/(私が大切にしていたもの/一点ものの○○)であり、つい)(気が立ておりますして/感情的になりまして)(お気を悪くされたと存じますが、何卒ご勘弁いただきますようお願いいたします/申し訳ございませんでした)。
取り急ぎ、ご対応のお礼まで申し上げます。
 
または
 
先般(お電話で(修理/補償/弁償)/メールでお詫びと対応に関してのご提案)をいただきありが(たく存じます/とうございます)。
(拝見して内容は私として十分なものと思っております/早々の対応に感謝いたしております/十分な内容に満足しております)。
今後は、(ご提案内容のとおりのご対応をお願いいたします/安全に工事を進めていただければ幸いに存じます)。
取り急ぎ、(先般のお返事まで/ご提案への回答とお礼まで)。
 
************************
      署名
*************************

お詫び/謝罪(ビジネス文書/対会社宛)の返事文例/メールと書き方

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールと書き方の一覧と関連コンテンツです。

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map