詫び状/謝罪の返信_個人-会社(会議/式典での不手際のお詫び)への返信メール文例と書き方

詫び状/謝罪の返信_個人-会社(会議/式典での不手際のお詫び)への返信メール文例

詫び状/謝罪の返信_個人-会社(会議/式典での不手際のお詫び)への返信メール文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(式典での不手際の件/お詫びの件/○○でのミスの件/今後お気を付けください/気にされないでください/RE:○○の件)


株式会社○○○○
(ΟО/ご担当者) 様
 
お世話になってます。(○○です/○○の○○です)。
先日の○○式典での不手際につき、ご丁寧なお詫びのメールをいただき恐れ入ります。
または
先日は、貴社の○○に(ご招待いただき光栄に存じます/ありがたく存じます)。
また、式典での不手際につきご丁寧なお詫びまでいただき恐縮しております。
(単に名前を間違えてただけ/○○が用意されていなかった/○○)ですから(お気になさらないでください/私は特に気にもしておりませんので、ご心配なく)。
取り急ぎ、メールのお返事まで。
 
または
 
平素はお世話になってます。
(○○です/○○の○○です)。
○○の件メールを(拝読しました/読ませていただきました)。
(ご準備をお願いしておりました○○が/資料の部数がたり/私の席が)なく、(その時は(担当者を叱責してしまい、大人気/少しばかり感情的なになり申し)なかったと反省をしております/(慌てて/動揺して)しまい、(予定していたことが全部/普段どおりの公演)できませんで申し訳なく思っております)。
(とはいえ、何とかなりましてのでもう気にだれないでください/誰しもミスはあるもで、私としてはもう忘れておりますのでご心配には及びません/確かに貴社不手際は否めないことでありますが、今更どうにもなりませんので、次回同様のことがないようご注意ください)。
取り急ぎ、メールのお返事まで。
 
または
 
(○○です/○○の○○です)。
私が不在の折に(謝罪にお越し/上司の方も共々お詫びにご足労)いただいたとのことで恐れ入ります。
(先日の(会議/式典/○○)での(こと/不始末/不手際)は、少しばかり憤りを感じるたのであります/正直申して、先日のことは(無礼/非礼)極まりないことであり、怒りさえ感じました)。
(とはいえ/しかし)、(今更何を申してもどうにもならないことです/人がすること、ミスもあるでしょう/貴社にもご事情があったことでしょう)から貴社には今後二度と同様のことがないようご注意され(てください/ますようお願いいたします)。
取り急ぎ、メールのお返事まで。
 
************************
      署名
*************************


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

お詫び/謝罪(ビジネス文書/対会社宛)の返事文例/メールと書き方

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールと書き方の一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について