詫び状/謝罪の返信_会社間(数量違いのお詫び)への返信文書文例と書き方

詫び状/謝罪の返信_会社間(数量違いのお詫び)への返信文書文例

詫び状/謝罪の返信_会社間(数量違いのお詫び)への返信文書文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ОΟОΟ
(営業部長/○○部) ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社 ОΟОΟ
(○○工場長/資材/○○)部 ΟООΟ 印
電話***-****-****

「○○」(員数違い/の数量不足のお詫び/数量不足対応)の件

(拝啓/拝復)
(貴社におかれましては益々/時下ますます)ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
さて、(○日納入いただいた/注文No.0000の)○○の(数量が足りなかった/員数違い)の件でありますが、(○迄に不足の○個を納入いただければ当社としては問題ありませんので、ご対応の程よろしく/○日迄にご用意いただけるなら生産に支障をきたさないように社内調整をしましたので、それまでにお届けいただきますよう/既にご納入いただいた分があり、当面生産には支障をきたすことはないものの予定外の受注があると支障がでるやも知れませんので、可能な限り早期に残数の納入を)お願い(いたします/します)。
なお、(納入日が決まりましたら/残数の手配が整い次第)当方までご連絡いただき(たく存じます/ますようお願いいたします)。
取り急ぎ、(先般/○○)の件へのご返事まで申し上げます。
 
または
 
早速ながら、(○日納入いただいた/注文No.0000の)○○の(数量が不足していた/員数違いの)(件は、誠に遺憾に存じます/では、当社の生産に支障を(きたす/きたしかねない/きたすやもしれない)事態となっております)。
つきましては、(遅くとも○日迄には/至急/可及的速やかに)残数(の納入をお願いいたします/を納入いただきたく存じます)。
また、(今後/二度と)同様のことがないよう(原因を究明し、対策を講じられますよう/管理体制を強化していただきますよう/検査の徹底を)お願いいたします。
取り急ぎ、(先般/数量違い/欠品/○○)の件への回答まで。
 
または
 
(「○○」の(数量不足/員数違い)/標題)の件につき、(弊社としての対応に関して/貴社(よりの報告/の対応策)に関して弊社にて検討した結果を)ご連絡したいます。
この度の(数量不足/員数違い)は、貴社の(検査ミス/○○)が原因であり、それにより、当社は(数日間生産活動に支障をきたしました/損害を被りました)ので、貴社には相応の(対応をす/(責任/補償)を求める)べきとの意見もありました。
しかしながら、(貴社とは長年の取引もあることから/(やむを得ない事情/諸事情)(を考慮して/を斟酌して)、今回に限り(これ以上(の責任追及はいた/は何も申)しません/貴社に損害に関する補償は求めることはいたしません)。
とはいえ、(再度/万が一)同様のことが(ありましたら/繰り返されるようであれば)(損害賠償を求める/貴社とのお取引を控える)こともありうることは重々ご承知おきいただきたく存じます。
以上、数量不足に関してへの対応の通知まで。

敬具/以上

お詫び/謝罪(ビジネス文書/対会社宛)の返事文例/メールと書き方

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールと書き方の一覧と関連コンテンツです。

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map