親子間(親の心遣いを怒った子供からのお詫び)への親からの返信メール文例と書き方

親子間(親の心遣いを怒った子供からのお詫び)への親からの返信メール文例

親子間(親の心遣いを怒った子供からのお詫び)への親からの返信メール文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択してください。

件名:(私が(出すぎたまね/お節介なこtと)したのが悪いのよ/(出すぎた/勝手な)ことして本当にごめんね/気にしないでね/この前の私こそごめんね/ΟΟさん、もう気にしないでね/メールの件)


ОΟ、(お節介なことして本当にごめんな/、私たちが(出すぎたことした/余計なお節介をやい)のが悪かったのよ。ごめんね)。
だから、ОΟ(は/たちは)(謝らなくてもいいのよ/何も悪くないからね/気にしなくていいのよ)。
これからは、私(たち)も気をつけるからこの前のことは許してね。
 
または
 
つい(口を出してしまいってすみせんでした/お節介なことをしてОΟに迷惑かけてしまってすまなかったね)。
でも、(悪気はなかってたんですよ/お前たちのことを心配してのことなのよ/何とかしてあげたいとの一心だったのよ)。それがけは分かってくささいね。
(あんなことになって/今は)、(とても/お節介なことをしたのを)反省しています。(だから今回だけは許してね/これからは、何かするときは、お前たちに聞くとにするよ)。
 
または
 
メール読みました。
ΟΟさん、この前のこと気にされているようですが、私たちが(お節介な/出すぎた)ことしたのが悪いのだから(謝るのは私たちの方よ/気にしないでください)。
私たちもこれからは、(気をつけるから今回だけは許してね/ΟΟなことはしないようにするからね/何かОΟにする時はΟΟさんにも聞いてからすることにしますね)。
 
または
 
メール読みました。
お前たちのОΟが(思っ/考え)ていること分かったからこれからは注意しますね。
お前たちも(嫌なことは嫌と/お節介と思うなら)遠慮しなく言って(ね/くださいね)。
(メールのお返事/この前のことのお詫び)まで。
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お詫び/謝罪の返事文例/メール文例

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールの一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について