詫び状/謝罪(ネットでの誹謗/中傷をされた_知人宛)に対する(許し/許容)の返事文例/メール文例

詫び状/謝罪(ネットでの誹謗/中傷をされた_知人宛)に対する(許し/許容)の返事文例

詫び状/謝罪(ネットでの誹謗/中傷をされた_知人宛)に対する(許し/許容)の返事文例-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(メール読みました/二度とあんこと書かないでね/今はもう(気にしないでください/いいですよ)/(ОΟ投稿/ΟΟ記事)の件/メールの件)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
メールは読んだよ。
(気にしてるみたいだけど僕はもう気にしてないからいいですよ/これから気をつけてくれるとのことだからこの前のことは忘れるよ)。
(でも、これからは(僕/私)の気持も考えて(投稿して/書いて/発言して)ね/(悪気はなかったと思うから/だから)君も気にしなないでね)。
 
または
 
ОΟ(さん/君)、ОΟで(僕の陰口を(書いてた/投稿した)こと/私のことをいろいろ書いてたこ)(気にしてる/気に病んでる)みたいだけど、(僕/私)は(もう何とも思ってないから大丈夫ですよ/気にしてないからいいよ/謝ってもらえたからもうそのことは忘れることにしたよ)。
君のことを(僕は/皆も)(いいやつだ/友だち)と思ってる(けど、今回みたいなことがあると君を信じられなくならるからこれからはあんなことはやめてくれよ/から、今度から言いたいことがあったら直接いってくれな)。
じゃまた(な/ね)
 
または
 
正直いって(君がまさかあんな酷いことを人に言ってたなんてと(悩んだ/悲しかった)/君を信じられなくなった)けど、(その原因の一端は僕にも/そんなことをされたのは僕にも何か悪いとこが)(あった/ある)のだろうから(君を咎めるつもりはないから大丈夫だよ/君だけが責任を感じることはないよ/僕も反省させられたよ)。
だから、(君も気にしないでくれな/これまでと同じように付き合ってくれな)。
それでは、またね。
 
または
 
最初ОΟから君がΟΟで(僕の悪口を言ってることを聞いたときは/中傷することを言ってると知ったときは)(少しショック/頭にきた/悩んだ/悲しかった)けど、(こうして/この前)ちゃんと謝ってくれたから(この前のことはもう忘れるよ/今回だけは、許すことにしたよ)。
今回は、君が謝ったから許すけど、(これからはあんなことは(言わない/しない)と誓ってくれな/二度とあんなことしないでくれな)。
(この前のこと/メール)の返事まで。
 
または
 
君がΟΟで(陰口を言っている/僕を中傷することを書いた)ことは、(うすうす/人から聞いて)しっていたから今回こうして言われてもそんなに(ショックでもない/頭にもこなかった)だけど、(僕は君を友だちだと思っているから/君は本当はいいやつだから)これからはそんなことしないでくれよ。頼む(な/よ)。
それでは、また。BR> または
私の(悪口を投稿した/ΟΟにいろいろ書いた/ΟΟをОΟにのせた)こと(悪いと思っている/反省している/が良くないことだと分かってもらえた)みたいだから今回(は許す/はもういい/だけはこれ以上はもう言わない)けど、これからは、(注意してくれよ/私の写真をОΟに乗せるときは許可をもらってね/絶対にあんなこと(書かないで/しないで)ね)。
それじゃまた。
 
または
 
あんなことネットに書くのは(酷いよね/良くないと思うよ)。
でも、(こんなことで君とずっと(仲直りしないでいるのは/憎むのは)(忍びない/本意でない/いやだ)/いつまでもそのことを根に持ってても仕方ない)から今回は(許すよ/もうこの辺でお互い仲直りしような)。
僕は、君を(友だちだと/本当はともていいやつだと)思ってるから(あんなこで仲たがいはしたくない/嫌いになりたくない/あのことをいつまでも根に持っていても仕方ない)から(もうあのことは/今回のことはお互い)忘れてて今までとおりやっていこうな。
(この前のこと/メール)の返事まで。
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お詫び/謝罪の返事文例/メール文例

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールの一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について