詫び状/謝罪(軽微な交通事故_加害者宛)に対する(許し/許容)の返事文例/メールと書き方

詫び状/謝罪(軽微な交通事故_加害者宛)に対する(許し/許容)の返事文例

詫び状/謝罪(軽微な交通事故_加害者宛)に対する(許し/許容)の返事文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択してください。

(拝復-結びは敬具)
(この度は/先日のことでは)、ご丁寧なお詫びの(お便りを/お便りと(ご佳品/お詫びまで)(いただき/お送りいただき)、(恐れ入ります/痛み入ります(過剰に丁寧なで申し訳ないの意)/恐縮しております)。
または
(冠省/前略-結びは早々)
(先日/この度)の(こと/事故)では、ΟΟ様にはわざわざ(拙宅/家)にまでお越しいただいたばかりか(ご佳品/お詫びのお品まで)おもちいたさき、(恐れ入ります/ありがとうございました)。
または
早速ながら、ΟΟ様方には(先日/この前)のことで早々に誠意あるご対応をいたさき、ありがたく存じます。
または
早速ではありますが、先日の(接触事故/追突/事故/こと)に関するお詫びと示談のご提案(拝読いたしました/読ませていただきました)。
 
さて、先日の(事故/こと/接触事故)のことで(示談のご提案を頂戴したことでありますが/お便りをいただいた件ですが/お伺いした示談のことですが)、私は、(怪我はありません/少しばかかり○○を打っただけでした/特に修理の必要ないと思ってました)ので、(十分(な/過ぎる)内容に/(あのような/このような)(ご丁寧なこと/対応)をしていただき(私に方が恐縮しています/ありがたく存じます/驚いておりまます)。
または
ΟΟ様には、私の(こと/車のこと)をご心配されているようですが、(怪我もありません/少しあっただけですから傷もありません/私は大丈夫です)から(どうかお気になさらないでください/ご心配にはおよびません/どうかお気遣いは無用にされてください)。
または
先日のことは、(私/子供)が(不注意であった/急に飛び出した)ことも悪いのであって○○(様/さん)だけ(だけの責任でありませんし、当方も幸い怪我もありませんでした/のことではありません)ので、もうお気になさらないでください。
または
私としては、車の修理さえしていただければそれで結構せあり、保険会社からご連絡をいただき安心しましたので、ΟΟ様にはもうお気を使わないでください。
 
とは申しましても、(少しばかり/状況からして)不注意であったことは否めませんので、今後はくれぐれもご注意いただ(きたく存じます/けますようお願いいたします)。
または
今回は、たまたま(大事に至らずに/取り返しのきかにことにならずに)すみましたが、(甚だ遺憾な/怪我でもしていたら今回の対応だけではすまない)ことでもありますので、ご注意いただきますようお願い申し上げます。
または
(先般の件/先日のこと)(では、怪我もありませんからご心配に及びません/私はもう大丈夫です/誠意あるご対応をしていただきましたことで、私は満足してますから)ので、ΟΟ様方にはご心配には及びませんが、今後はより一層のと注意を払われますようお願いいたします。
または
(改めまして/取り急ぎ、)先般(のご提案/の件に関すする示談についての)お返事まで。

早々/敬具/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様


1月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

1月上旬
新春の候
初春の候
仲冬の候

1月中旬
寒冷の候
酷寒の候
厳寒の候

1月下旬
厳冬の候
寒風の候
大寒の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について