詫び状/謝罪(軽微は火災/ボヤ_失火宅宛)に対する返信文例/メール文例

詫び状/謝罪(軽微は火災/ボヤ_失火宅宛)に対する返信文例

詫び状/謝罪(軽微は火災/ボヤ_失火宅宛)に対する返信文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択してください。

(拝復-結びは敬具)
(この度は/先日の(ボヤのこと/こと)では、お詫びお品までいただき(恐れ入ります/痛み入ります(過剰に丁寧なで申し訳ないの意)/恐縮しております)。
または
(冠省/前略-結びは早々)
(先日/この度)の(こと/火事のこと)で、ΟΟ様にはわざわざ(拙宅/家)にまでお越しいただいたばかりか(ご佳品/お詫びのお品まで)お持ちいたさき、(恐れ入ります/ありがとうございました)。
または
まずは、ΟΟ様方には(誰も怪我をされなかった/被害が(無かった/僅か)だった)とのことで、(何よりに存じます/本当にようございました)。
または
まずは、ΟΟ様方にはこの度のこと心よりお見舞い申し上げます。
 
先日のことでは、(ご近所の火事に(驚き/少しばかり不安な気持となり)ました/少しばかり肝を冷やしました)が、(幸いにも被害がなかった/ボヤ程度でした/直ぐに消し止められました)(ので、心から安堵しました/から今は特に何も思っておりません)。
または
ΟΟ様方には、(ボヤ/火事)を起してしまわれたことを(気に気に病まれて/気にされている)(ご様子/のようですが)私どもには(全く/何も)被害はありませんでしたので、(どうかお気になさらいでください/ご心配には及びません/気を遣われるのは無用にされてください)。
または
(先日のことは/聞くところによると)、(不届き者が火をつけた/放火の疑い高い)とのことですので、ΟΟ様には何も責任はありませんし、当方も幸い被害もありませんでしたので、もうお気になさらないでください。
 
とは申しましても、ΟΟ様方(に少しばかり不注意なところが/にも行き届かないところが)あったことは否めませんので、今後はくれぐれもご注意いただ(きたく存じます/けますようお願いいたします)。
または
(しかしながらこの度は/今回は)、たまたま(大事に至らずに/取り返しのきかにことにならずに)すみましたが、甚だ遺憾なことでもありますので、今後はご注意いただきますようお願い申し上げます。
または
(先般の件/先日のこと)(では、被害もありませんからご心配に及びません/私どもは大丈夫です)ので、ΟΟ様方にはご心配には及びませんが、(お子様/ご家族の皆様)には火の後始末を厳しくご指導をしていただきますようお願いいたします。
または
(改めまして/取り急ぎ、)お返事(まで/まで申し上げます)。

早々/敬具/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お詫び/謝罪の返事文例/メール文例

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールの一覧と関連コンテンツです。
ProPortalメール&手紙文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について