詫び状/謝罪の返信(代位返済で保証人から主債務者宛)文例/メール文例と書き方

詫び状/謝罪の返信(代位返済で保証人から主債務者宛)文例

詫び状/謝罪の返信(代位返済で保証人から主債務者宛)文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択してください。

(拝復/冠省/前略-結びは早々)
(先般/代位弁済/借金の肩代わり返済をした)のことでお詫びの(メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました)。
私とはして、(自身で決めて/ΟΟ様を信じて)連帯保証人になった以上は、その責任は果た(ことは当然のことであり/さないといけませんので)、ОΟ銀行からの(片代わり返済/代位弁済)に応じた次第であります。
または
早速ではありますが、私が保証人になっているОΟ銀行の(借入れ返済/ローン)がОヶ月滞っていると(お電話でお聞きして/相談されて)、どう(すべきか考えました/したのかと案じておりました)が、このままでは、銀行は連帯保証人である私に(督促する/支払いを要求する)のは(明らか/時間の問題)でありますでの滞っている(О万円/Оヶ月)は、(肩代わりして支払う/ΟΟ様にご用立ちする)ことにいたしました。
または
この度のことは、(甚だ遺憾/私としても大変残念なこと)でありましたが、(今更保証人になったことを後悔してもどうにもなりません/ΟΟ様(を恨んでも/に返済ができない以上は)仕方ないことであります)ので、(代位弁済/肩代わり返済)をいたしました。
 
(しかしながら/とは申しましても)、私としては(代位弁済に応じないことで給与の差し押さえなどの処理を取られてしまうと困る/自身の信用情報に傷をつけるのを回避する)ために成したことでありますので、ΟΟ様には、(必ずや肩代わりしたОΟ円は返済いただきたく存じます/今後は先日お約束した金額を確実に私に返済いたただきますようお願いいたします。
または
ΟΟ様の(窮状/ご事情)は(分かりました/理解して)おりますので、直ぐに返済(を迫るりは/してくれとは申)しませんが、(余裕ができたときに/必ずや)お返しいただ(きたく存じます/けますようお願い申し上げます)。
または
(しかしながら/とはいえ)、私も余裕がある訳ではありませんので、できる限り早く今回肩代わりしたОΟ円はお返し(いただきますようお願いします/ください)。
または
ΟΟ様(には、大変な状況であることは理解できました/のご事情は分かりました)が、正直このようなことが繰り返されると信用できなくなってしまいます。
 
先日の(お便り/メール/ご相談/ご依頼)のお返事まで。
または
ΟΟ様には、何卒二度とこのようなことのないよう肝に銘じていただけますようお願いいたします。
万が一再度このようことになることが予想される場合はその前にご一報いただきますようお願いいたします。
または
(取り急ぎ、/略儀ながら書中にて)(肩代わり/代位弁済)依頼のお返事まで申し上げます。

敬具/早々/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お詫び/謝罪の返事文例/メール文例

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールの一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について