詫び状/謝罪の返信(破産/法的債務整理で保証人から主債務者宛)文例/メール文例

詫び状/謝罪の返信(破産/法的債務整理で保証人から主債務者宛)文例

詫び状/謝罪の返信(破産/法的債務整理で保証人から主債務者宛)文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択してください。

(拝復/冠省/前略-結びは早々)
(メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました。
または
(お電話/先日の(ご相談/お便り)/メールを読ん)でΟΟさんが(債務整理/破産の申し立て/民事再生を申し立てる)(と聞いて/知って/と聞かされて)(大変驚いています/しばらくはその現実を受け入れられませんでした/今尚動揺しております)。
または
(メール読んだよ。/メールの件、本当かよ?/破産するて本当か?)
または
(今日/昨日)、(ΟΟさんの破産申立(受理通知/の代理人となる旨の弁護士からの連絡)がありました。
 
(保証人になってしまったんだ/今更どうしようもない)から僕が(残りの借金を払っていく決心をしてよ/残金を代位返済することにしたよ)。
とはいえ、(返す返すも残念でしかたないよ/そんなに酷い状況だったことを教えてくれなかったのが残念でならないよ)。
または
どんなにお詫びをされても状況は変わらないからもういいよ。
連帯保証人になっている以上は仕方ないから僕が払うよ。
または
まさか(ОΟ君に限ってそんかことはないと信じていたけど/こんなことになるとは思ってもいなかったから驚いたけど)、(それが現実ですので/今は)僕が支払うしかない(と諦めたよ/決心がついたよ)。
または
私とはして、(自身で決めて/ΟΟ様を信じて)連帯保証人になった以上は、その責任は果た(ことは当然のことであり/さないといけませんので)、ОΟ銀行からの(片代わり返済/主債務者に代わり返済をすること)に応じた次第であります。
または
偏頗弁済になるから君に僕が肩代わりして借金を返してくれとは言わないが、このことは絶対に忘れれるなよ。そして、これからはもう少し(真面目に生きていけよ/お金の管理はきちんとしてくれな)。
または
こうなってしまった以上仕方ないので、ΟΟ様にはこの苦境を乗り越えられて生活の再建を果たされますようお願いいたします。
 
先日の(お便り/メール/ご相談/ご依頼)のお返事まで。
または
(取り急ぎ、/まずは)お返事まで申し上げます。
または
破産と免責が認められることと祈っとくよ。
または
今はただただ、ОΟ(様/さん)の破産手続きが恙無く終了して免責が受けられますこと祈るばかりです。

敬具/早々/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お詫び/謝罪の返事文例/メール文例

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールの一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について