災害見舞状(台風被害_知人宛)文例と書き方

災害見舞状(台風被害_知人宛)文例

災害見舞状(台風被害_知人宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/冠省)  (昨日/昨夜)の台風Ο号が(ΟΟさん/君/あなた)のお住まいのところを襲い甚大な被害をだしたとのことですが、 (ΟΟさん/君/あなた)のご自宅やお勤め先などは(お被害などありません/大丈夫)でしたか。(私/私たち)も心配するとともに、 お被害が(軽微/最小)であることだけをお祈りいたします。もし、何か私にできることがありましたら、遠慮なくご一報ください。できる限りのご(協力/応援)をいたしたいと思います。
後かたずけにはご苦労も多いでようが、一日も早く平穏な生活にもどられることとを心からお祈りいたします。
または
私どもには、何もできませんので、心ばかりのお見舞いを同封いたします。何か(にお役立て/の足しにして)ください。
まずは、書中にてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について