災害見舞状(台風被害_親戚宛)文例と書き方

災害見舞状(台風被害_親戚宛)文例

災害見舞状(台風被害_親戚宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/冠省)  (昨日/先日)の台風Ο号は、(叔父様/ΟΟさん/お父様)のご自宅があるあたりを直撃して、かなりの被害をだしたようですが、 (叔父様/ΟΟさん/お父様)のところ(のお被害はどんなんな状況な/は大丈夫だった)のでしょうか。もし、何か私たちにできることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。できる限りことはしたいと思っています。
ニュースをみる限り甚大な被害があったようですので、復旧には時間と労力が必要となるでしょうが、一日も早く平穏な生活に戻れることとを心から祈りします。
または
私たちに何もできませんので、心ばかりのお見舞いを同封いたします。何かのお役に立ていください。
まずは、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000

災害見舞状文例と書き方

各種災害見舞状の文例と書き方一覧と災害見舞状関連コンテンツです。

災害見舞状文例一覧

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map