災害見舞状(洪水_知人宛)文例と書き方

災害見舞状(洪水_知人宛)文例

災害見舞状(洪水_知人宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(急啓/冠省)  (昨日/先般)の大雨によるΟΟ川の氾濫で(ΟΟさん/君/あなた)のお住まいをはじめ周辺地域にも深刻な被害があったと (お伺いし/お聞きし)、たいへん驚いております。天災とは申しましても、ご心中察しますとともに、心よりお見舞い申し上げます。
復旧には、いろいろご苦労も多いでようが、(この/かかる)うえは、一日も早く平穏な生活に戻れますよう、心からお祈りいたします。
(遠方でもあり/突然のことでもあり/仕事の関係もあり)、私どもには何もできませんので、心ばかりのお見舞いを同封いたします。何か(にお役立て/の足しにして)ください。
取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について