災害見舞状(大雨_両親宛)文例と書き方

災害見舞状(大雨_両親宛)文例

災害見舞状(大雨_両親宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(急啓/冠省)  (昨日/先般)の大雨でΟΟ川の氾濫のおそれがあるとのことで、公民館に避難されていたと(知り/聞き)、とても驚きました。
テレビのニュースで大雨の状況が報道されて、直ぐに電話を入れたのですが連絡がとれませんで、 避難所から連絡をいただくまででは、(どうしたものかと思案してました/心配でしかたありませんでした)。その後、避難所にうたことが分かり安堵しました。
何はともあれ、今回は(何事もなくすみ/ご無事で)なによりでしが、 私たちは、この様な時に何もできず歯がゆい思いでした。 これからは、くれぐれもお早めにご避難され、お身をお守りいただきますようお願いします。
ここ数日のことでお疲れでしょうから、ご自愛くださいませ 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について