災害見舞状(地震_友人宛第一報)文例と書き方

災害見舞状(地震_友人宛第一報)文例

災害見舞状(地震_友人宛第一報)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/急啓/冠省)  (今朝の/今の/臨時)ニュースによると、(君/あなた/お前)の住んでる(辺り/一帯/ところ)で地震がおきて大きな被害がでているようだだけど、 (君/あなた/お前)やご家族の皆さん(は無事なの/は大丈夫)でしょか。(私/私たち/俺)も心配(してるよ/していますよ)。
(何しろ/何せ/何分にも)電話も通じなくて連絡が取れないから、そちらの(様子/被害状況/詳しい状況)がわからないんだ。 、少し落ち着いてからでも、(君/あなた/お前)の状況を連絡してくれよな。
それまでは、(君/あなた/お前)(が無事でいること/に被害がないこと)を祈っと(くよ/きます)。
取り急ぎ、無事の確認方々お見舞いまで 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000 /FAX 000-000-000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について