災害見舞状(地震被害_親戚宛)文例と書き方

災害見舞状(地震被害_親戚宛)文例

災害見舞状(地震被害_親戚宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/冠省)  (昨日/先日)の地震では(叔父様/叔母様/ΟΟさん)のお住まいのところが激しい揺れに遭われ、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)の(ご自宅/辺り)もご被害がありましたこと、心よりお見舞い申し上げます。
(未曾有のこと/たいへんな状況)でしたが、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)やご家族の皆さんが(ご無事だった/ご被害が少なかった)(ことは、何よりでした/とお聞きして安堵いたしました)。
これからの(復旧/復興)には、ご苦労が多いことでしょうが、皆様におかれましはご無理などされませんようくれぐれもご自愛ください。
または
(この/かかる)うえは、一日も早く平穏な生活にもどられることとを心からお祈りするばかりです。
(遠方のため/今の状況では)、私どもには何もできませんので、心ばかりのお見舞いを同封いたします。何か(にお役立て/の足しにして)ください。
取り急ぎ、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000

災害見舞状文例と書き方

各種災害見舞状の文例と書き方一覧と災害見舞状関連コンテンツです。

災害見舞状文例一覧

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map