災害見舞状(台風_農作物被害)文例と書き方

災害見舞状(台風_農作物被害)文例

災害見舞状(台風_農作物被害)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/冠省)  (先般/先日)の台風Ο号のために、(ΟΟさん/ΟΟ様/あなた)の(農園/畑/ハウス)の(農作物名)が深刻な被害をうけられたと(お伺いし/お聞きし)、 (皆さんのご心痛はいかがばかりかとお察しいたします/ご同情にたえません)。心からお見舞い申し上げます。
丹精込めて育てられた(農作物名)が、一瞬で駄目になってしまい、さぞやお力落しのこととは思いますが、 どうかお気持ちをしっかり持たれ、この(辛い状況/苦境/逆境)を克服されますよう(切に/心より)お(祈り/願)いたします。
(なお/失礼ながら)、心ばかりのお見舞いを同封いただきました。何かにお役に立ていただければ幸いです。
まずは、書中をもちましてお見舞いまで 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号

災害見舞状文例と書き方

各種災害見舞状の文例と書き方一覧と災害見舞状関連コンテンツです。

災害見舞状文例一覧

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map