災難見舞状(火災_友人_甚大)文例と書き方

災難見舞状(火災_友人_甚大)文例

災難見舞状(火災_友人_甚大)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/急啓/冠省)  (今朝の新聞/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(君/あなた/お前)の(自宅/納屋/ΟΟ)が(全焼/半焼)する被害に遭ったと(知り/聞いて)とても驚(いたよ/きました)。
(幸い/聞いたところでは)、(君/あなた/お前)やご家族の皆さんは(怪我はなかった/無事だった/大丈夫だった)ようなので、(何はともあれ/一先ずは)安心したんだが、 まったく(予想もしない/思いもよらない)ことで(君/あなた/お前)が(力を落とし/気落ち)していないか心配して(るよ/ます)。
(今は/事後処理などで)とても大変(だろう/でしょう)が、(気持ちをしっかり持って/家族の皆さんと力を合わして)一日も早く(平穏な生活/以前の暮らし)を取り戻すように(して/頑張って)くださいね。 私たちには(何もできないので、そのことだけをひたすらに祈っときます/大したこはできないけど、できる限りこことだけはしたいと思っているんで、何かあれば遠慮なく云ってくれ)。
(取りあえず/今できる何かをと思い)、(僅か/ささやか)だけどお見舞いを同封します。何かのお役に立てください。
(追って/落ち着いた頃に)連絡(するけど/しますが)、(取り急ぎ/まずは)、書中にてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000 /携帯 000-0000-0000

災難見舞状文例と書き方

各種災難見舞状の文例と書き方一覧と 災難見舞状関連コンテンツです。

災難見舞状文例一覧

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map