災難見舞状(類焼_知人_甚大)文例と書き方

災難見舞状(類焼_知人_甚大)文例

災難見舞状(類焼_知人_甚大)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(急啓/冠省)  (今朝のニュース/今のニュース/本日の新聞で/ΟΟ様より)、(ΟΟさん/君/あなた)のお隣(お宅/工場/山林)から出火して(ご自宅/納屋/ΟΟ)が類焼の被害に遭われたと(知り/お聞きし/お伺いし)、 (誠に/たいへん/耳を疑わんばかりに)驚くとともに、心よりお見舞い申し上げます。
(承りますれば/お伺いしたところ/お聞きすれば)、(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さんもご無事であったとのことで、ひとます安心はしたものの、 まったく(思いがけない/ΟΟには何の非のない)(災難/災厄)に皆さんの(ご落胆/ご無念の思い/お力落とし/ご心痛)はいかばかりかと、(ご同情いたします/お察しするに余りあります)。
(このうえは/この際は)、(お気持ちを切り替えられて/災厄に屈することなく/お気持ちを強く持たれ)、一日も早く(平穏な生活/以前の暮らし)を取り戻されることを私ども皆で心よりお祈り申し上げております。
(甚だ/本当に/誠に)(僅か/ささやか)ですが、お見舞いを同封します。何かのお役に立てください。
(まずは/取り急ぎ)、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000 /携帯 000-0000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について