災難見舞状(近火_友人宛)文例と書き方

災難見舞状(近火_友人宛)文例

災難見舞状(近火_友人宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(前略/冠省)  近火お見舞い申し上げます。
(聞いたところでは/ニュースによると/ΟΟ様によると)(君/あなた/お前)の家近くで(火事/火災)があって、回り(の人たちも避難した/地域も騒然とした)(知り/聞いて)驚いたよ。
幸いにも、(君/あなた/お前)やご家族の皆さんに(怪我/被害)はなかったようだから、私も(ひとまずは/何はともあれ)(安堵/安心)しました。 とは言いましたも、(予想もしない/思わぬ)(こと/騒ぎ)に(君/あなた/お前)やご家族の皆さんも(疲れ/心配し)ただろうから、しばらくは(家族の皆さんに気を配って/無理をしないで)ください。
(取り急ぎ/まずは)、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000 /携帯 000-0000-0000

災難見舞状文例と書き方

各種災難見舞状の文例と書き方一覧と 災難見舞状関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について