災難見舞状(不慮の事故_甚大)文例と書き方

災難見舞状(不慮の事故_甚大)文例

災難見舞状(不慮の事故_甚大)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(急啓/冠省)  (今朝のニュース/本日の新聞で/ΟΟさんから)(ΟΟ様/ΟΟさん)が(雪下ろし中に/溝に落ちて/車が転落して/落下物で/凍結した道路で転ばれて/不慮の事故で)お怪我をされたと(知り/お聞きし)まして、(たいへん/耳を疑わんばかりに)驚いております。
(お怪我の具合は/その後の経過は)いかがでしょうか、(何せ/何分にも)詳しいい(状況/ご様子)も分かりませず、(私/私ども)も心配して(おります/筆を取った次第です)。
(不慮の/予想もしない/思わぬ)ことで、(ΟΟ様/ΟΟさん)には(お疲れ/ご心労/ご不自由なこと)もあろうかと存じますが、くれぐれも(ご自愛/ご養生に専念/ご療養に専心)ください。
(ΟΟ様/ΟΟさん)の一日も早い(ご回復/全快)をお祈りして、取り急ぎ、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000 /携帯 000-0000-0000

災難見舞状文例と書き方

各種災難見舞状の文例と書き方一覧と 災難見舞状関連コンテンツです。

災難見舞状文例一覧

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map